ここから本文です

村上龍「限りなく透明に近いブルー」の様なドラッグやアルコール、性などを描いた...

アバター

ID非公開さん

2019/9/416:11:27

村上龍「限りなく透明に近いブルー」の様なドラッグやアルコール、性などを描いた小説はありますか?

オススメがありましたら教えて下さい!

閲覧数:
31
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/9/420:03:30

『エクスタシー』『メランコリア』『タナトス』の三部作も良いです!
と書いて、ふと気付けば最初の回答者さまも超龍作品推してらしたのですね。
ははは。

中上健次著『十九歳のジェイコブ』
花村萬月著『ゲルマニウムの夜』
辺りはいかがでしょうか。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/9/422:26:05

    たくさん教えて頂きありがとうございます!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2019/9/418:25:37

ブレット・イーストン・エリス著『レス・ザン・ゼロ』

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nan********さん

2019/9/416:20:04

コックサッカーブルース
フィジーの小人
テニスボーイの憂鬱

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる