ここから本文です

父親の介護について。 父親の介護を誰が請け負うかで、日常生活に影響が出ていま...

nay********さん

2019/9/718:52:41

父親の介護について。
父親の介護を誰が請け負うかで、日常生活に影響が出ています。

私は親族で直接関係はないですが、当事者から話を聞いている内容で相談させていただきます。
長文です




家族構成は、90歳の父親と母親、その子どもが3人です。
(長男A、長女B、次男C、皆60代以上でそれぞれ家庭があり、独立しています)

今まで父親と母親は、次男Cの家で生活していました。(家は次男Cが建てたもので、父母からの援助は無し。次男Cには嫁Dとその子どもがおり、一緒に暮らしています)
父親はクセがある人で、次男C含め家族は常にストレスを抱えていました。


数年前に母親が亡くなり、去年から父親も、一時身体を壊し入院。退院後も家でのサポートが難しくなり、施設に入っていました。
そんな中、今年に入り次男Cが亡くなりました。
元々、長男A長女Bは父母の面倒を次男Cに押し付けていたようで、次男C死後も、何もしないため(連絡がとれず)、次男Cの嫁Dとその子どもがパートアルバイトで父親の施設介護費を工面していました。(子どもは事情があり、アルバイトで生活しています)

しかし、8月で介護認定レベルが引き下げられ、現在の施設から出なければならなくなりました。
これ以上もう、こちらが全て工面しなければならない現状を続けられない、今までもずっと我慢してきたのにこれからも続くのは辛いと、嫁Dとその子どもも苦しんでいます。

役所や施設からの連絡も、長男A長女Bはとらないため、9月以降の話についても嫁Dに連絡がくる状態でした。

そこで、嫁Dは役所と施設に「私はもう面倒みれません。長男A長女Bに相談してください。」と断った後、連絡を拒否しました。

しばらく拒否したところ、9月に入り、父親は一旦長女Bの元へ行くことになったと、家に訪問してきた施設関係者から聞きました。

そこまではよかったのですが、この長女Bには、人としての欠陥があり、卑劣な行動をするため、今後の行動が怖いのです。

過去には、次男Cの家の側に置いてあるダンボールに火をつける、階段上から人を押して落とそうとする、など
の行動をとっていました。
その長女Bの今後の行動が心配です。

現在、長女Bから連日嫁Dへ電話がかかってきています。

次男Cの家も知られているので、長女Bの性格を考えると、次男C家に人が居ると分かった時点で、父親を家の前に放置してくることも充分考えられますし、過去例もあるので、連絡がつかないはらいせに家に火をつける可能性もあります。

そのため、次男C家にいる嫁Dとその子どもは一時、事情を知っている親戚宅へ避難しています。

嫁Dとその子どもはこの家系から、縁を切りたい、家も出たいと言っています。次男Cのお骨だけ墓から取り出して、違う土地で一からやり直したい、と。

次男Cがなくなってしまったことで、父親の財産(土地)を孫にあたる次男Cの子どもももらう権利があるようですが全て放棄するから、もう何も関わりたくないと。

この後、弁護士に法的に縁切りの方法がないのか相談をすることになっています。

私は直接的に関係はないのですが、嫁Dと子どもの今までの苦労や苦しみを聞いていると、どうにかして、長男A長女Bに痛い目をあわせてやれないかと思うのですが、何かスカッとするやり口はないでしょうか。

閲覧数:
57
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

[中]さん

2019/9/721:23:33

質問文のケースは、既に、「縁切り」状態が半分とか成立してるはずなので、

そう、心配するほどのことも無いと思いますけどね。

質問文にある、嫁さんの言ってることが、全面的に正しいです。

次男さんが亡くなった時点で、もう、介護義務もないし、
「縁切り」状態が成立してるようなものなのです。

だからこそ、嫁さんが連絡を断っただけで、
介護や福祉関係者の人は、もう、何も追及してないでしょう?

そういうものです。介護義務ないから、そうなるだけです。

問題は、次男さんが亡くなった後の、家の相続を、どうしたかがあります。

ここは、介護義務とは、あまり関係ないから、金の問題だけですが。

弁護士さんなどと、既に連絡とってるなら、
次男さんが亡くなった後の、相続その他の処理とか、

自分たちの家の関係のことだけ、後始末したほうがいいです。

売れる家なら、相続手続きを上手にやって、お金にすればいいです。

家が古いと、建物に価値があまりないので、
取り壊して、下の土地だけ売ることも多いです。

そこの地元の、不動産関係や、建設関係の人に聞くと分かります。

「介護義務」は、一般的に、血縁ある実子だけの問題です。

嫁さんは、はっきり言って、介護とは最初から無関係の人です。
(介護をいくらやっても、嫁さんは、相続もできませんでしたし)

最近、よく、孫が介護の手間に駆り出されてて、
進学や就職できなくなったり等の問題も生じていますが、

正直、変な話で、介護義務の、代襲相続みたいなことは
聞いたことがありません。
こんな義務が、あるはずないのですが。

今のところの社会常識的には、孫世代の巻き込みは、
断れるはずですけどね。(血縁ある、お孫さんたちだけど)

同居してる家に、高齢者の孫もいるから、介護手伝うくらいまでかと。

この質問の場合は、もう、離れて暮らしてるから、無関係も同然です。

すでに、「縁切り」状態が成立すみでしょう?、と、
フツーに考えてかまわないはずです。

わざわざ、縁切りっぽい何かの手続きを、
わざわざ、弁護士さんに頼んでしまったりすると、
余計な金がかかるだけで、損ですよ。

(そして、そういう法的な縁切りモドキは、
こういった質問の、血縁や、配偶者関係がつながる所では、
あまり、意味をなさず、その気になれば、どんどん押しかけて
しまえるので、縁切りなんか考えるだけ無駄なことなんですよねー)

質問のケースは、物理的に、離れた場所に引っ越しその他で
避けてしまうだけでも、かなり効果的に、防御できます。

押しかけてきたら、どんどん、警察に引き渡せる時代ですし。
(ストーカー問題や、DV問題を、全国どこの警察署も相談しますので、
そういう対応と同じようにしてもらって、防衛すればいいだけ)

縁切り手続きっぽいやりとりを考えると、かえって、
それが、こちら側への接触や交渉を許してしまう口実になるだけだから、
何も考えない、何もしないほうが、楽だし、効果的なはずですよ。

実害があれば、警察でも何でも、実力行使で防衛できますし。
(血縁の無い、嫁さんと、その家族だから、それでいいはず)

赤の他人(女性)や、そこの子供に、悪いことしたら、タダの犯罪者ですからね。

次男さんの持ち家が、問題になるだけだから、
相続後に、売却すればいいだけだと思います。
それで、ほぼ、縁切り状態にもっていけるのではないかと。

残された嫁さんが、1/2 で、半分を相続する権利、
残り半分を、子供たちで分けます。
相続の基本で、学校の社会科系の授業でも習ったはずですが。

で、上で、何もしなければ、縁切りと同じと書きましたが、

血縁そのものは、遺伝子が共通ですから、切ることが不可能です。

質問文の、問題の、親父さんが、そう遠くないうちに亡くなったり
すると思われますが、亡き親父の、遺産相続の段階では、

質問文に出てる、嫁さんの子供、つまり、孫が、
「代襲相続人」として、親父(祖父) の財産を分ける権利があります。

次男さんが生前に持っていた、子供としての相続の権利は、
「代襲相続人」に該当する人たちとして、孫である、
子供たちが持っている状態になります。

この、今後の相続の権利のような部分を、縁切りはできません。
親父さんが亡くなった時に、必ず、連絡が来ます。

それをしないと、親父さんの遺産を処理できなくなるから、
かならず、全部の相続人に、連絡が来るのです。

これは、避けられません。だから、縁切りとか、考えるだけ無駄です。

繰り返しですが、わざわざ縁切りみたいな無意味無駄は考えなくても、
説明してきた通りで、遠くに引っ越せば、それで、ほぼ切れます。
次男さんが亡くなった時点で、ほとんど、縁も切れた状態が本当の所だし。
(というか、介護義務の点では、まったくゼロと解釈できるはず)

質問文の話の場合、嫁さんの関係者としての質問文でしょうか?

それだったら、あまり余計なことせず、放置でもういいんですよ。

次男さんの家だけ、早めに手放して、完全に距離をおいて、手を引きましょう。
それで十分なはずですが。

残った、実子さんたちの、長男さんや長女さんたちは、
法的にも、「介護義務」がある人たちなんです。

だから、それらの、当事者の血縁者だけの問題になります。

どうなろうと、知ったことではありません。放置しましょう。
それで十分なはずですが。

遠くに引っ越してしまえば、福祉や介護関係者は、
遠くの親族と連絡するメリットや、交渉の手間をかける意味はないから、
何も言ってこなくなるほうが多いはずですよ。

だから介護は、遠くに住んで、逃げたモン勝ち!、それも基本です。
(介護から逃げてても、相続の時は、権利分はちゃんと主張できてしまいます)

亡くなった時の知らせだけは、必ず来るし、
相続処理に必要なので、探し出してでも、連絡は来てしまいますけどね。
まあ、これは仕方ないでしょう。

相続放棄すればいいなら、向こうから、それで縁を切ってくれて楽ですよ。

財産や遺産の多い親父さんだったりするなら、
代襲相続人になる、孫世代が手元にいるわけなので、
うまく交渉して、取り分を相続してしまう選択肢もあるかも。
まあ、面倒でしょうから、おすすめもしませんが。

このあたりは、お孫さんたちが、どれくらい、今、資金が必要か次第です。

次男さんの家を、相続と売却で、お金が残るなら、
それを活用するほうが、いいケースのように思えました。

問題の、一族の人たちは、極力、相手にしないほうが楽です。
もう、縁切り状態は成立してるほうなので、気にしないのが最善なはずです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

aro********さん

2019/9/719:47:08

貴方は直接関係してない事なら悩むことなどないでしょう。
余計なお世話です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる