ここから本文です

甘利大臣(70歳)が党四役で復帰するそうですが日本政治は高齢化しているのでしょ...

碇ゲンドウさん

2019/9/721:09:43

甘利大臣(70歳)が党四役で復帰するそうですが日本政治は高齢化しているのでしょうか?
マイナンバー会見で「ゲスの極み乙女。」の替え歌を歌って辞任したのは覚えています。

閲覧数:
16
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/9/818:29:02

安倍首相が引き立てた増税派議員ですね。


「商工族」と言われる議員です。

甘利明は 安倍政権がなければ自民党で冷遇を受けつづける立場の人物ですよ・

経団連の利益代表者です。
この人は以前は自民党税制調査会の委員でした。

自民党税制調査会は長年にわたって、インナーと呼ばれる税制に精通した長老議員(山中貞則、村山達雄、奥野誠亮、林義郎、相澤英之ら)が実権を掌握し、総裁や党三役すらはばかるほどであった。この長老支配は「様々な利害関係が存在する税制問題において、うかつに声を出して決定方針を示すと自分の選挙の落選という形で責任を取らされるとして、党内全体で多数決で決定するには及び腰になりやすいが決定せずに先送りにするのも困難な性格の問題であることから、専門知識を持った権威者が裁定するしかない」という理由もあった。これら長老議員の相次ぐ死去・引退によりかつてほどの独立性は薄れていった。


この絶対的な権力を持っているインナー(最高幹部)には総理大臣ですら頭が上がらないと言われていましたが、2002年夏に財務省がインナーたちに工作して法人税増税(ほかいろいろ増税計画あり)を画策したことがあります。誰も頭が上がらない中で 慌てた経団連がインナーに抵抗する議員を探し回って白羽の矢を立てたのが自民党税制調査会所属の甘利明であり、経団連に扇動されて反乱を起こした人物です(加藤の乱などに比べて報道されなかった)。増税に反対する議員連盟を結成してインナーに反抗しましたが、その実法人税以外の増税には何も反対しませんでした。
経団連の要望の窓口になっている人物であり、謀反人であるために長らく党内で冷遇されていましたが、安倍晋三が増税のために引き立てた人物です。

典型的な商工族で IT利権の後押しを受けた甘利明を安倍首相は重用した
こんなことを考えても安倍首相は消費税増税派が本性であり国民を欺いていたと言えますね。

甘利明はマイナンバー利権を代弁する人物でもあります。
https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RA2Eu_yXRdoCMA6c2JBtF7?p=%...

質問した人からのコメント

2019/9/11 07:56:08

回答ありがとうございます!
安倍総理が辞めた後が大変です。 

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

orangehusqさん

2019/9/810:40:35

政治家のみならず、国民全体が高齢化しているからです。

替え歌で辞任したのではなく、文春砲に撃たれたのです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ner********さん

2019/9/721:52:55

総理は「人材の宝庫」と豪語しましたが…

甘利さんは論功行賞でしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる