ここから本文です

辻井伸行さんって、本当に素晴らしいピアニストなんでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2019/9/900:29:41

辻井伸行さんって、本当に素晴らしいピアニストなんでしょうか?

私はピアノとか演奏とか無縁なのでよくわかりません。


クラシックはたまに聞くこともあるけど、気になるのは作曲家と曲名だけで、演奏者は誰でも同じくらい上手ってことしか違いがわかりません。

それで、辻井伸行さんって、盲目なのにピアニストって凄いなぁと思うのですが、彼が世界の辻井伸行と称された理由は盲目なのにピアノが弾けるという珍しさで有名になっているだけなのか?とちょっと気になりました。

それとも、本当に彼のピアノ演奏は素晴らしく実力があって、それが認められてコンクールで優勝したりとみとめられているのでしょうか?

補足皆様回答ありがとうございます。

私はピアノとか音楽については無縁なので、実力の素晴らしさがよくわかりません。

ハッキリ言って、例えば、リストのラカンパネラをミス無く弾ければ皆上手!だと思っていて実力の差の違いが全くわかりません。

皆様は辻井伸行さんのピアノ演奏をどのように感じますか?

やはりプロの中でもトップクラスの実力を持ったピアニストだと感じますか?

閲覧数:
934
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

marさん

2019/9/919:51:26

>珍しさで有名になっているだけなのか?

はい。
努力は凄いと思いますが。

>本当に彼のピアノ演奏は素晴らしく実力があって、それが認められてコンクールで優勝したりとみとめられているのでしょうか?

いや、そうは思わない。
コンクールと言ってもアメリカのだし。
当時、クライバーンがまだ生きてた事の方に先ず驚きました(笑)。
半世紀くらい忘れ去られていた人。

>皆様は辻井伸行さんのピアノ演奏をどのように感じますか?

ホメてる人が多いのが実に不思議で、あらためて今、動画の上位2つ、カンパネラと月光を1分ずつ聴きましたが、立体感がなく雑で極めて平面的。
以前のイメージと変わらない。
てか、丁寧さがなくなったのでは?
そこくらいしかホメるとこがなかったのに、かなり雑で乱暴。

大体、カンパネラなんてクラシックの中でも1番内容なく薄っぺらい曲の1つ。
フジ子と言い、ツマラない曲が流行るものだ。
他に聴くべきものはいくらでもあります。
曲もピアニストも。

>やはりプロの中でもトップクラスの実力を持ったピアニストだと感じますか?

いや、努力を除けば、凡庸な無数のピアニストの1人。
オリンピックもあればバラリンクピックもある。
つまり、パラリンピア…
おっと!
また、怒られるな(笑)。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「辻井伸行」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nepalioceanさん

2019/9/918:31:25

>彼が世界の辻井伸行と称された理由は盲目なのにピアノが弾けるという珍しさで有名になっているだけなのか?
辻井さんはヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝して有名になりました。実力が伴っていることは間違いありません。

>演奏者は誰でも同じくらい上手ってことしか違いがわかりません。
それは問題ありませんよ。それで充分。辻井さんのピアノ、もしくは辻井さんご本人の人柄(私、たまにテレビで放映される彼の旅番組、好きです)などを、縁あって好きになった。辻井さんのピアノを聴いていると幸せな気持ちになる。それを大事にすべきでは。
たとえ、その気持ちの中に、目が不自由なのに…みたいな「芸術的には不純物」と思えるものがあったとしても、その事実は消せないわけですから、放っておくべきだと思います。
いずれその不純物は消えていくと思います。

>皆様は辻井伸行さんのピアノ演奏をどのように感じますか?
たまたま最近、辻井さんのショパンを少しだけ聴いたのですが、ピアノの音色とリズムが良いなぁ、思いました。やっぱり良いピアニストだな、と。

apa********さん

2019/9/917:52:55

素晴らしいと思います。日本では度々「国際的に活躍しているピアニスト」という表現の記事がありますが、辻井さんのように、まさに世界の彼方此方で精力的に演奏活動されている方はそれほど数多くおられないと思います。

dav********さん

2019/9/912:06:13

クラシックのコンサートは辻井氏しか行かないという人がたくさんいます。なのでチケットの争奪戦が起こります。見世物小屋に足を運ぶのと同じです。

通と称するクラシックファンにも眉唾と映っている様です。
自分はかなり好きです。目の障害は今となってはマイナスではないと思う。むしろ彼の脳の働き方、そちらの方に興味があります。音楽に手垢がまったくついてない。ある種伝統芸能のクラシック音楽の、その伝統に全然縛られていない。自由で深刻ぶらない。いい意味での子供の演奏。なのにタッチ、音色は洗練されつくしている、、、、これは誉め言葉とはかぎらないですよ。どういった脳からこういった音楽が出てくるのか?

他の所謂一流どころと比べてはどうよ?
今は比べない方がいい。ただ聴く価値は十分ある。

ザジさん

2019/9/911:40:04

要は、本物の「音楽家」であること。
視覚情報に頼るということは音楽と本質的に関係ない。楽譜さえ便宜的なもので、全部耳からで済むのが理想形。それを実現している人ということ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

uwa********さん

編集あり2019/9/901:17:04

珍しさだけで、ということはないでしょう。ただ、言いたいことは何となく分かります。

彼のような人は、初めから自分たちと同じ土俵の上にはいないんです。

ハンディが有利に作用したケースですね。

勿論、彼自身の並々ならない努力も、それだけの才覚もなしに通用したなんてことはあり得ないということは、既に皆さんがよくご存知のことと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる