ここから本文です

歯医者の医療ミスで歯医者を裁判(訴訟)したいです。

アバター

ID非公開さん

2019/9/1000:45:32

歯医者の医療ミスで歯医者を裁判(訴訟)したいです。

閲覧ありがとうございます。
弁護士の方などのご教授お願い致します。
2年程前に2番が虫歯になり差し歯をしました。
差し歯をした直後、噛むと痛みだし歯茎が腫れました。
腫れたので歯医者にいくとメスで膿を出しました。
なんの説明もなしに帰されました。
2日後にその差し歯が外れてまた歯医者にいきました。
助手に固定ワイヤーとかいって、1番の歯と無理矢理つけられました。
説明してやり直してくれと問いただすと今度説明する、やり直しはできないと言われました。
結局そこからその歯医者にはいってません。
ワイヤーで固定されて1年半後に引っ越しをして、その差し歯が激痛で腫れてきたので別の歯医者にいってレントゲンをとってもらうと『差し歯の入ってる位置がおかしいし、膿も溜まってるしやり直しはできない。なんでこんなことになったの?抜歯してブリッジしましょうと言われました。』
そして本日抜歯をしました。
差し歯にした当日に私の八重歯を前の歯医者に駄目にされました。
どうしてもそのヤブ歯医者を訴訟して慰謝料を請求したいです。
このケースの場合、裁判して勝てますか?
慰謝料は請求できますか?
よろしくお願い致します。

閲覧数:
108
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tee********さん

2019/9/1011:42:10

問題の歯医者の治療を中断し、1年半経過するまで他の治療も受けずに問題が出ているのであれば、治療がうまく行かなかった責任は治療を継続しなかったご自身に相当あると判断されるでしょう。
法の精神として、あくまで自分のことは自分で責任を取る姿勢が求められます。治療を継続しなかったご自身の責任は問われるはずです。

現実的にいえば、裁判で勝てる可能性は極めて低く、同様のケースで慰謝料や損害賠償が訴訟リスク(弁護士代)を上回ることはかつてないと思います。
また、まず訴訟を請け負ってくれる弁護士を探すのもなかなか難儀になるはずです。
まずは弁護士にご相談されて、法律相談をされることをオススメします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「歯医者」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mus********さん

2019/9/1107:07:02

>このケースの場合、裁判して勝てますか?
そんなことは ここで分かりません

>慰謝料は請求できますか?
可能でしょう
弁護士を通じて法的手続きに則り裁判を起こせば良いのですから
ですが 支払われるかどうかは全く別問題です

アバター

ID非公開さん

2019/9/1106:34:45

日本の歯医者ってこういうトラブル多いよね、最近になり国も動いて歯医者を抑制しだしたけど、つい最近までは偏差値40以下の歯科大なども複数ありましたし。医療トラブルの半分近くが歯医者だったような。最近はインプラントトラブルが多いみたいね。

トチローさん

2019/9/1010:45:53

裁判はかなり難しいだろうと思う。
それに勝訴しても採算が合わないだろうと思う。
でも、示談成立の可能性は高いだろうと思う。

ほとんどの医療過誤は示談終結しています。示談ではよく口外禁止条項がつくから、誰も何も言わないし、世間には知られないだけです。

弁護士をつけるほうが成功率は高いでしょう。
弁護士は、自由法曹団の弁護士がいいでしょう。比較的お安くて親切です。
医療専門弁護士なら、貴殿のような安い事件は相手にしたくないでしょう。
ただ、自由法曹団の弁護士でも、医療事件を全く知らない奴がときどきいるので困るのですが。それでもまあ。粘り強い人が多いと思います。

それで、問題は示談金の額なんですが。
これはかかった治療費と慰謝料ということになります。弁護士に計算させます。
で、実際の解決金の額が納得できるかどうかという問題はあります。
安い金額ならすぐに決まります。

相場は難しいんですが。100万以下にはなるでしょう。(医療事件で100万なんて、あほらしくだれもなにもやりません。つまり、300万かけて100万を勝ち取るというのかという問題がある)
歯科事件は、よくわからないんですが、10万とか20万くらいかなと思います。

そして、裁判での勝訴予測の金額より、示談での賠償のほうが高くなることがあります。実際に経験しています。

期間は、示談は、裁判と比べて早いことのほうが多いです。事案にもよるけども、示談なら2~3ヶ月以内でしょう。少額訴訟なら早いかもしれませんが、140万以上で地裁で合議なら1年以上でしょう。

手順としては、示談不成立で提訴となります。相手が訴訟でもかまわない、相手が確実に勝訴すると思えば示談を蹴ってくるでしょう。
そこはハッタリと圧力の世界なんですよ。相手が怖がれば、話は早い。チキンレースですよ。
こちらが、裁判では負けると思って早く決めてしまおうという気持ちを見透かされると駄目でしょう。とことんやるぞの攻め達磨でないと。

示談では、予定の倍以上ふっかけます。僕が知人の事件を手伝ったときは、歯科ではありませんが、ゼロを1個つけて桁違いで請求しました。もちろん、ゼロをとった金額で決まったのですが。そういう、交渉のやりとり方法は弁護士が知っています。

弁護士は、ある意味で信用できそうな人物を選ばないといけない。これが難しい。本当は何人かに会った方が良いんだが。

貴殿の場合は、被害金額が少ないと思えるので、弁護士の助言を受けながら(相談料2万×2回程度)、弁護士会の紛争解決センター(仲介あっせん/申し立て金1万円)でやると良いと思います。
だから、弁護士には、紛争解決センターの使い方を相談するのです。
どういうふうに進めると有利かということぁ相談するのです。
これはネットにも出ているので、丁寧に読んで、わからないことを弁護士に質問する形が良いでしょう。
センターが指定している書面だけでは駄目です。訴訟同等に近いものを添付したほうが良いのです。

僕は知ってるからわかるんだけど。はじめてでは説明するのに1時間くらいかかりそうで。医療訴訟の細かいことを説明すると2時間はかかる。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mya********さん

2019/9/1003:25:16

お気の毒な経験をされましたね。
こういうケースですが、裁判を起こすとなると患者さん側が「された治療は医療ミスであった」という因果関係の証明をしなきてはなりません。
それがハードルが高いので必ず勝てるかどうかはなんとも言えないです。
つまり、最初の歯医者が間違った治療を無理矢理すすめて結果、歯を駄目にしたという流れを全て貴方様が証明しなくてはならないのです。
当然、最初の歯医者は適切に治療したが、歯の状態が悪くてうまく治癒しなかった、的に言ってくると思います。
ある意味では正しいかもしれず、そこでの治療全てがミスだと言い切るのは難しい。
不用意な事は言えませんが、かなり難しいと思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる