ここから本文です

私はブランケット症候群(ライナスの毛布症候群)です。

kab********さん

2019/9/1201:25:13

私はブランケット症候群(ライナスの毛布症候群)です。

私はとっても大事にしているガーゼ生地の布があるのですがかれこれ20年ほど愛用しておりその間に何度も洗濯をしていてボロボロです。

この布は幼い頃祖母に貰ったものでもので手放すことが出来ません。

どうにかして修理したいのですがどのように修理したら良いでしょうか?

元は1枚の大きな布ですが写真のようになってしまっています。

ブランケット症候群,ライナス,毛布症候群,ガーゼ生地,幼い頃祖母,お守り袋,布

閲覧数:
88
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tar********さん

2019/9/1202:13:01

元の布となるべく似た布を探してお守り袋を作り、その中に入れて身に着けるというのはどうでしょうか?
簡単なお守り袋の作り方は検索すると沢山出てきます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bct********さん

2019/9/1319:14:22

まだ寝る時に使いたいのなら同じ様な生地の上にミシンで縫って見るか手まつりをするのはいかがですか?
これを機会に小さくして寝る時に枕元に置いては如何ですか?

mk_********さん

2019/9/1306:44:26

ブランケット症候群について、恥ずかしながら初めて調べてみました。
・・・小学3年まで布団の端や気に入りのぬいぐるみを嗅ぎながらじゃないと眠れなかった私は、もしかしたらそうだったのかもしれません。
「そんなことしてたら鼻が歪むよ。豚みたいになるよ!」と母や先生に言われた恐怖で、無理やり矯正したことを、今でも忘れられません。

ブランケット症候群とはどんなもの?|依存症状・原因・解決法等 | 2ページ目
https://godfather.style/?p=5090&page=2

上記のサイトには、「手のひらサイズに切ったお気に入りのタオルを常にポケットに持ち歩いているという方や、小さなお守り袋に入れていざという時に触ったりニオイを嗅いだりするという方もいます」とあります。

実際問題、これほどの状態からの修繕は不可能に近いので、他の方がおっしゃっているように別のものにリメイクするか、前述の通り一部を切り取ってお守りなどにするしかないと思います。

ニベアさん

2019/9/1209:31:34

流石にこれは元には戻せないです。

とりあえず、ダメ元で紐状に割いて、かぎ針編みで編んだり、ダンボール織りをして、これ以上バラバラにならないようにするしか無いかも。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yur********さん

2019/9/1209:02:51

これはもう布じゃないですよ…
修理云々のレベルじゃないです。

いっそ細く裂いて裂き織に挑戦なさるとか。
そうすれば一応「布」の状態に戻ります。

n3n********さん

2019/9/1201:52:56

シミ、ほつれ、裂けならともかく、繊維自体の損傷・劣化は残念ながら治せません。どうしても手放しなくないなら、パッチワークでクッションカバーやポーチなどにリメイクしてみては?使える部分は限られてくると思いますが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる