ここから本文です

方丈記の内容・構成が知りたいです。

ten********さん

2019/9/1300:17:27

方丈記の内容・構成が知りたいです。

詳しければ詳しいほど有難いです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
40
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/9/1323:52:25

『方丈記』は鴨長明の鎌倉時代の随筆です。

①当時の京の都は、火災、旋風、飢饉、大地震などで荒れ果てました。遷都はされましたが、新しい都はまだ出来上がっていませんでした。

②語り手(=鴨長明)はこの世の中に気持ちを休める事が出来なかったので、五十歳を持って隠棲して、また六十歳にて山奥に小さな住まいに移りました。そこで夏はホトトギスの鳴き声、秋はひぐらし蝉の声、冬は雪などで、自由な孤独を満喫していました。またある時は山の番人の子供と散歩したり、山菜を摘んだり、山の頂上で景色を見たりしていました。住まいには阿弥陀如来の絵をかかげて、法華経を置きました。

⓷鴨長明はほぼ一人で、自由で自分のためだけの毎日を送っていました。
しかしある明け方に、自分の心に質問しました。「おまえ(鴨長明)は外見は清らかな僧だが、心は汚れたままだ。過去の悪行の報いとして貧しさがおまえを悩ましているのか? わずかな悟りとやらで、気が狂ったのか? どうだ」
鴨長明はこの自問に答える事が出来なかた。ただ念仏を二・三回唱えるだけだった。【三六】

④まとめです。
煩わしい世の中を捨てるという事は、自由な人間らしい生活を送るという事です。そしてただ単に逃げるのではなくて、さらに良き生活に飛び込む事でもあります。しかし鴨長明はついに悟りきれませんでした。その悲しさが書かれています。
また、そんな悲しい人生でも、生きていた証を書きたかったのではないかとも思えます。

  • 質問者

    ten********さん

    2019/9/1623:47:55

    回答ありがとうございます。詳しい説明のおかげでよくわかりました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

myu********さん

2019/9/1321:43:18

方丈記って文庫本でもかなり薄い本ですから、全部読んでもそれほど負担にはならないと思います。

ご参考までに、全文載っているサイトはこちらです。

http://www.manabu-oshieru.com/daigakujuken/kobun/houjyouki.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる