ここから本文です

お世話になってます。

アバター

ID非公開さん

2019/9/1700:35:22

お世話になってます。

今日はバラの土と肥料の事で伺わせて頂きます。


●土

先日、とある大型量販店のガーデニングコーナーでバラ用の土を買いました。
普通、名のあるメーカーだと10Lで1000円~1200円くらいでしょうか?
その店はやたらと安くて10Lで200~300円でした。
さっそく1袋買って家で開けてみたら確かに土はフカフカなのですが枯れた小枝やら乾燥した葉っぱなどがいっしょに入ってました。
(堆肥入りとかは書いてなかったです)

これって量を増やすために混ぜこんでるんだと思いますが特に使用しても問題ないんでしょうか?

以前買った(普通の)バラの土にはこんなものは入ってなかったけど、やはりそこそこ良い値段ですよね。
安くて大丈夫なら今後助かりますがやめた方がいいなら大事なバラなのでもうやめます。

●肥料

今、「マイローズ バラの肥料 10:13:6:1」を追肥として与えていますが私がよく行く大型バラ専門店では「内は扱う量が半端ないんで普通の化成肥料をやるだけだよ。でも、ご覧の通りシュートもどんどん出てくるし花もついて咲いてるよ」と、言っています。

本を読んだりユーチューブとか観てるとどの肥料が良いだの量がどのくらいだのとマチマチで特に決まりはないようにも思えます。

実際、バラ専門の肥料もお安くないですし(ぼかしや有機肥料がいいのは分かりますが)これといった正解はないんでしょうが長い目で見てバラにとってのいい肥料ってどうなんでしょうね?

化成肥料も時期と量を間違えなければ十分バラの肥料で問題ないんでしょうか?

詳しいかた、お知恵をお貸しください。
宜しくお願いします。

補足皆さん、ありがとうございます。

バラ道、奥が深いですね❗
やはり、このカテゴリーの解答者さんの意見はある程度共通してるところがあります。

少しずつ研究しながらオリジナルの(土の)ブレンド探していきたいと思います。
「バラは肥料よりも、まず土」と仰ったflo・・さん。

正に私も同じ意見です。
有難うございます。

閲覧数:
40
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

flo********さん

2019/9/1715:51:20

………これって量を増やすために混ぜこんでるんだと思いますが特に使用しても問題ないんでしょうか?……

問題があるかないかは、やはり自分で使ってみる事しかありません。結果的に良いかもしれませんしね。

自分はバラを始めた頃は用土で悩んだ時期が有り、何が何だかわからない時間を過ごした時もありました。

土について疑問を持たれてきた、、という事はあなたがそれだけ進歩したのでしょうね。

そしてこの辺りからが、既成の用土を使うか、自分ブレンドの土を使ってみるかのターニングポイントになると思います。

購入された用土が安いだけにカサが多い事が気になる様ですけど、それでも販売価格が高ければ安心して使ったのでしょうか?きっと値段が高いから良いものだと買ったかもしれません。

また、高くても微粒化された土に一体何が入っているかは判らななくても値段が高いから高級品なので安心、、ですか。(これは推測ですので失礼をお許しください)

高ければよいでもないし、安ければダメでもない、なのですが、これを判別する知恵は、何時も市販の用土を使っている内は育たないと思います。

ではどうすれば?になるのですが、この機会に自分で用土を作ってみることです。

土の配合が判らなければ、信頼できる園芸家のバラの本を参考にしたりチャレンジすることです。

園芸家も沢山いて誰のやり方にするのかわからない、、でしょうが、”園芸家の人達が共通するやり方”がある筈です。それを探し取り入れてみる事です。

(バラ園芸家=鈴木満男氏、河合伸志、小山内健、上田善弘、大野耕生、有島薫、高木絢子他)

バラの土の基本は赤玉土です。それに他の資材の何をプラスしていけばよいかを、上記に書いた園芸家の配合などを参考にして試行錯誤体験して自分のやり方にしていく事です。

そうすると混合する資材の性質も判ってくるのです。

ハッキリ言って、最初からパーフェクトに素晴らしい用土になる、、とは思わないことです。失敗を重ねる事も恐れずです。

そしてバラの肥料は?とお考えになる前に、どうすれば良い土にする事が出来るかを先に知る事でしょうね。土が最初です~肥料は後からでも十分間に合います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chinkituouさん

2019/9/1710:51:42

「xxの用土」とは、私の思いからすれば、「培土とは、何を具備すれば良いか」を知ろうとしない方か、若しくは「適当にそれなりに楽する」ものと思えます。
植物は、その本来の特性と、栽培環境により用います培土は変化しますが、許容範囲があることも事実です。
店頭での販売品は、売り子は、そこにある商品を売るのが商売であり、何が良いかまでは知っていても教えてくれません。寧ろ、園芸には無知な店員が多いのです。
教えるのが商売では無しに、「そこにある品を売る」のが店員の仕事なのです。
選ぶのは貴方です。 その為には、栽培されます植物の根が要求する環境を満たす培土を求める事です。
「××の土」などは、仕入れの都合で毎年にも変わります。それを使用される限りには、貴方の栽培技量は上達しません。
培土は貴方自身が、貴方の栽培環境・技術に応じて作製するものです。
決して「ねばならない」的な事はありません。
例えば椿栽培では、著名な桐野氏は、培土は日向土に鹿沼土を用い、腐葉土などは用いるなとされています。アメリカでは、砂にピートモスかココピートを主にしています。
決まりは無いのです。貴方の栽培方を見つける事です。培土の性では無しに、貴方の栽培法ですね。
肥料はIB化成S1号だけで充分です。

郭嘉★さん

2019/9/1710:01:42

バークみたいなものが入っているなら、そこのオリジナル配合の場合もあります。
うちはバラバラで買ってきて、自分で配合してます(その方が量が多い時は安上がりになる)

2019/9/1702:38:15

参考までに。
薔薇の土と肥料。
どちらも「これなら良くできる」というものなどなく、「これだとだめ」ということもあまりない。
ちなみに、バラの土は「高ければよい」というものでもないんだがね。
なので「安いからダメだ」ということもない。
これは肥料も同じようなものです。
ちなみに、日本人は宣伝文句に弱いため「〇〇用」などと表示すると「これはいいものだ」と思う人も多いため、値段を高く設定できるので儲けも大きくなる。

ちなみに、本やネット等では「宣伝料」をもらっている場合もあるのでね。

ということで、特別な決まりなどどこにもないんだよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる