ここから本文です

40~50歳代くらいの人はスキーブーム時代に若者だった人たちですが、当時、スキー...

アバター

ID非公開さん

2019/9/1715:58:32

40~50歳代くらいの人はスキーブーム時代に若者だった人たちですが、当時、スキーを経験した人が多いと思います。
でも、今ではもう二度とスキーをやらないという人がほとんどすよね?

楽しいのに、なぜやらないのでしょうか?

閲覧数:
343
回答数:
17

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/9/2415:38:15

自分もアラフィフでその世代です。
自分の場合はバブル時期にスキーで怪我をしてこの年になって復活。
現在は中国地方のスキー場なのですがリフト待ちもほぼないし今の方が断然楽しい。
しかし私の同世代の友達で現在でもスキーをやっているのは一握りですね。

思うに技術的に敷居が高いというのがあると思います。
ブームの時に行っていた人たちも純粋に滑ること自体が楽しめるほど上手くなったのは二人だけでした。その二人は今スキーをまったくやってない、ゴルフや育児、子供の学費でお金使ってスキーとかやってられないといった感じです。
あるいは子供の成長期に少し連れて行って今はやってない感じですね。

あと体力の衰えはありますね、私もスキーが原因で右ひざを故障してしまい毎シーズン終わって三ヶ月くらいたつとようやく痛みがおさまる感じです。

スキーであまり身体を酷使して大怪我するとせまりくる老後が大変というのもあります。

書いてて情けないですね、みなさん気持ちが疲弊してしまってるのかな。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/16件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2019/9/2112:22:57

自分はその逆の状況です

雪国で子供の頃育ったので、もうちょっとで2級かな、程度でしたが
雪なし通気で就職したこと 他の趣味があったこと でほぼ滑っておらず
バブルの頃も、会社の慰安旅行も有ったけど
あまりに混んでいる本州ゲレンデでびっくりし
滑るというより、友人と会話してるだけの状況で
全く面白くなかったので こんなものが楽しいのか?と思いました
そこでやめた人は 楽しさに気が付いていないだけ だと思います

なのでブームの影響は、無いです

その後 Uターン帰省後 身近なスポーツなので
子供たちにちょっと教えるのに滑ると 自分が楽しくなり
すっかり はまりました

そこそこ 時間もお金もかかるし
楽しくなるまでに、上達の時間もかかるので
ただのブームで終わると 興味もなくなるでしょう

sno********さん

2019/9/2018:58:13

スキーブームの時には、会社で泊まりがけでスキーに行くというのが
良くありました。その中で、嫌な目に遭った方が多いのでしょう。

今で言う、セクハラ、アルハラの他に、しつこく検定を受けろ、
SAJの会員になれ、本を買え、ビデオを買えと迫られたから
でしょう。迫ってきた人が、職場の先輩や上司なら、なおさら
嫌だったでしょう。

こういうヤツが、未だにいるんですよ。
スキー人口が減った大きな原因です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

non********さん

2019/9/1921:43:35

スキーバブルの時に宴会目当てのお付き合い程度にやって、ハマらずに一旦休眠。
ゴンドラ待ち45分。昼食も大変な上に高いってのもあったけど、一番大きかったのは当時のスキーって見栄張ってナンボのスポーツだったんですよ。
1級取った。指導員取った。板はトップモデルの2m超が基準。毎年流行が変わる派手派手デモウェア。
後追いの人が先行していた人を追い越すまでどんだけお金がかかるか。
他に金のかかる趣味もやってたし、ハマりませんでした。

1995年にスキーバブル崩壊。
1997年にカービングスキー登場。
ここで見栄のスポーツから各自のペースで楽しめる趣味に変わり、スキー場も空いてきてどっぷりとハマりました。
逆にカービングスキーに馴染めず、1級や指導員レベルでもやめてしまった人がいます。それまでの価値観をぶち壊されたみたいな感覚。

幸か不幸か結婚が遅く、子育てに入ったのは2000年代後半。
この頃になるとどのスキー場も「ファミリーさんいらっしゃい」サービス合戦になって、恩恵をたっぷり受けました。

nis********さん

2019/9/1908:51:37

当時の経験者ですが、
みんながやってるからという人がほとんどでした。
ですので、みんながやらなくなるとやらないのです。
もちろんみんなスキーは楽しいと思ってましたが、
他にも同様に楽しいことはあるので
スキーじゃなくてもいいという感じなのでしょう。

スキーにはまった人は、当時の10人中1人ぐらいでしょうかね。
そういうひとも、家族を持つとお金がかかるのでやらない人が多いですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jij********さん

2019/9/1808:24:22

家庭を持ったからという人が多いと思いますよ。私の息子と娘も現在、40代半ばです。当時は、私がやるせいもあり、かなり打ち込んでやってました。しかし、結婚して家庭を持ち、嫁さんや婿さんがやらず、子どもができるとそちらにお金もかかり、家族サービスもやらないといけないということで足が遠のいています。行くとしても年に数回家族と共にというようになっています。これは何も息子、娘に限ったことではなく、結婚するとスキーをやめるというのは多いです。当時でもそれはあり、職場の若い連中6~7人くらいと一緒に行っていたのが、結婚するたびに一人欠け、二人欠けしてとうとう私独りになり、バブルでホテルは一人では宿泊させてくれず、やむなくスキースクールの宿泊コースに通い始めました。楽しい程度では、家庭を持つとなかなか続けられないようです。私は、幸いなことに家内とは会社のスキー行で知り合ったので、スキーだけには理解があり、また子どもができても1歳になるかならないかの内から家族みんなでスキーに行ってたので続けられています。スキーを続けるのもエネルギーとお金がいります。相当、打ち込んでいないと40代、50代とは続けられません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる