ここから本文です

骨法はなぜ失敗したんでしょうか? 金的を守るために内股気味で構える、ベアナッ...

アバター

ID非公開さん

2019/9/1807:17:32

骨法はなぜ失敗したんでしょうか?
金的を守るために内股気味で構える、ベアナックルで顔を殴ると怪我をする可能性があるので掌底を使う、1vs多では寝技は不利になるので組み技は立ち関節技を

重視するなどアプローチとしてはまさに実戦格闘術と言える気がしますが……
大原学選手などは実際に強かったようですね

閲覧数:
894
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ran********さん

2019/9/1811:01:40

格闘技として中途半端だったからでしょうね。

何でも有りの武術のように金的有りを想定するのなら
目突き・顔面への頭突きにも対応するべきですが
骨法はそれが出来ていません。

格闘技としては掌打は目新しかったですが
実際はパンチの方が先に相手に当たります。

立ち関節技は技術的に未熟でしたので
手首の取り合いでもたついてしまいました。

あとは創始者の堀辺さんのうさん臭さですね。
自分の体を螺旋状態に動かす事でその場で
ラグビー選手が全力で走って激突するぐらいの
打撃を出せる秘技を使えるとかムチャクチャでした。
そもそも古来から有る一子相伝の「骨法」という
武術が有った事自体が怪しいですよね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sur********さん

2019/9/2102:37:27

一時期はマスコミでもてはやされ、格闘技界ではかなりの知名度を得ていましたが、その後が続かなかったイメージですね。グレイシー柔術のように人前で目に見える実績を上げるとか、演武や試合の華麗さで観客を魅了するとか、多くの人を集めるだけの内容が何かしらあればよかったのですが、その辺りが弱かったように思います。
ちなみに、質問者様の書かれている金的の防御や掌底、立ち関節ですが、金的無しでオープンフィンガーグローブを着け、1対1で戦う総合格闘技には全て無用の長物です。言わば総合格闘技には向いていない技術体系と言っても良いわけで(弱いという意味ではありません)、その場に出て行って実績を上げようとしたのは後知恵ながら、戦略ミスだったのかも知れません。

とは言え、同じような新興武術はほかにもいくつかあり、ほとんどは骨法ほどの知名度を得ていません。そんな中で、今でも質問者様のように関心を持つ人がいるほど認知されている骨法は、そこそこの成功を収めた部類なのではないでしょうか。

プロフィール画像

カテゴリマスター

taw********さん

2019/9/1819:23:00

弱く、その弱さをそのままにしてしまったからです。
指導者はエセ武術家、門下生はほとんど素人。しかも門下生が技の研究をすることを許さない。
こんな環境では選手が育つわけがありません。

この辺を読みましょう

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar483646
https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar521975
https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar985100

あと、大原学選手は高専柔道出身なので、それで強かったんでしょう。

あの時代に強くなろうと思っていた人間が集まっていたんですから、『ぼくのかんがえたさいきょうのぶじゅつ』に拘らずにみんなで創意工夫していれば、それなりの団体になっていたと思いますよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/9/1813:15:39

かつての骨法は
正面からの被弾面積を小さくするために半身に構えていましたが、
フルコン系の試合で骨法のような構えで戦うと
お尻側を回し蹴りされたときに防ぎにくいので
ムエタイのような正面を向いて正対する構えのほうが優秀
ということが分かってきた、みたいな理屈を
昔の正道会館の空手本で読んだ記憶があります。

かつての骨法は
正面からの被弾面積を小さくするために半身に構えていましたが、...

nik********さん

2019/9/1811:08:25

戦わずに幻想を守り続けたら良かったのでしょうが、実際に検証の場つまり試合に出てきた事(それ自体は素晴らしいですが)。

そしてやっている内容は悪くないですが、色んな格闘家達と戦うには残念ながら選手層が薄すぎたのではないでしょうか。

2019/9/1810:51:30

成功した理由は、インターネットが普及していない時代に
某プロレスラーが「本物」と宣伝し、雑誌にも広く
掲載されたからだと思います。

現在は、骨法と同じような・似たような団体が多数あり、
インターネットで多数宣伝しているので、
骨法じゃなければ・・・と言う人が少なくなったと思います。

システマ、イミ・クラブマガ、シラットなんかは
人口の多い都市では結構見られますし、
某国営放送で有名になった古武道も流行に乗り
骨法のインパクトが小さくなったと思われます。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる