ここから本文です

画像は海が見える家でございます。 ・ 私の知人の知人にこのような方がいます。

 見返り白黒猫 さん

2019/9/1911:29:56

画像は海が見える家でございます。

私の知人の知人にこのような方がいます。


大分県の出身で長らく中国(中華人民共和国)で現地採用という雇用形態で台湾資本の会社で、二十年ほど働いた日本人男性がいます。

その人は40代後半で田舎の大分県に帰り、念願の海が見えるところに一軒家を建てました。

しかし、仕事は田舎にはなく、日頃は大阪で仕事をしてお盆休みと正月休みに田舎の大分県に帰るぐらいです。

その人は独身なので、お盆と正月はその家には誰も住んでいません。


ここで質問です。

これをご覧の方で上記のような人はいますでしょうか。
50才ぐらいで田舎に家を建てたのはよいのですが、仕事がないので大阪や東京に仕事に行ってしまったという人はいませんでしょうか。

いかがでしょうか。

大分県,田舎,中華人民共和国,知人,一軒家,別荘,マイホーム

閲覧数:
21
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sky********さん

2019/9/2020:52:25

田舎の海が見える場所に別荘建てたけど、仕事があるので、普段は都会で仕事をしている。


という人と同じ感じではないでしょうか?
その別荘を田舎に建てるか、どこに建てるかは好き好きですが。

こういう人(家族)は結構沢山いると思いますが。

自分にも、同じ条件で(最初から田舎の別荘のつもりなのと、50代ではありませんが)、海と川が両方見える家が田舎にありますし、知人にも、正月だけ過ごす海沿い・川沿いの別荘持っている人がいます。

台湾資本で中国現地採用の一文など、田舎に家を建てるが・・・という趣旨に関係ない部分をあえて細かく書かれているのは、そこに拘りがあるのでしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

rau********さん

2019/9/1912:49:20

家を建てたかどうかはともかく、リタイア後に住むための土地を自分の出身地に持っている人は居るでしょう

出身地でなくてもマイホームを建てた後に辞令で転勤を命令されて自宅に住んでない人は沢山居るでしょう
自宅は賃貸に出したりしてね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる