ここから本文です

すごいですね。阿含宗、桐山管長様が書いた、『阿含密教いま』。 バタチャリア博...

アバター

ID非公開さん

2019/9/1914:45:54

すごいですね。阿含宗、桐山管長様が書いた、『阿含密教いま』。
バタチャリア博士の書いた『インド密教学序説』を何度も引用して『阿含密教いま』を書いています。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q122134949...


引用カ所として少なくとも下記の三か所があります。
252~253ページ、 254ページ、 260~261ページ

ところが『インド密教学序説』は阿含宗にとって脅威となる本です。理由を下記の言葉を読めばわかるでしょう。

『インド密教学序説』、41ページ。
『仏陀(ゴータマ・ブッダ)は、自らが創始し、また自らの説いた仏教の中で、自己の重要性を失ったのである』

仏陀(ゴータマ・ブッダ)のといた仏教は大乗仏教と比べたら取るに足らない教えだということです。

大乗仏教の優位を唱えている『インド密教学序説』をつかって阿含宗の優位性を訴えているのですから、もう、桐山管長は大人物としか言いようがないと思うのですが如何でしょうか。

補足後先のことを一切考えず、その場その場のウソを満面の笑顔で話す、まさにサイコパス(人格障害者)の面目躍如!

桐山さんは典型的なサイコパス(人格障害者)ですよね。

阿含宗,インド密教学序説,ゴータマ・ブッダ,桐山管長,阿含密教いま,サイコパス,タンハー

閲覧数:
76
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/9/2413:15:25

一代で阿含宗という新興宗教を作られたのですから、桐山管長は大人物なのでしょう。そして多分サイコパスなのでしょう。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/9/2522:29:58

    なるほど!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/9/25 22:33:01

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

han********さん

2019/9/2417:57:04

一般論として、「同じ資料」に基づいて解釈しても、全く別の見解を持つにいたるというのは、良くあることです。

原著者が「仏陀(ゴータマ・ブッダ)のといた仏教は大乗仏教と比べたら取るに足らない教えだ」という結論に至っても、
別の者が正反対の「大乗仏教は仏陀(ゴータマ・ブッダ)のといた仏教と比べたら取るに足らない教えだ」という結論に至っても、
見解の相違であって、それ自体、特に問題はありません。


そもそも、仏教は、「個人のタンハー」を特定してそれを解放するものです。
それに尽きます。
「個人のタンハー」を特定する方法が難しくなかなかできないので、みんな試行錯誤して、大乗仏教~密教などの多数の部派仏教ができたのでしょう。
様々な「論」も、「個人のタンハー」を特定するための道を示そうとしているだけでしょう。

どれが正しい、どれが間違い、などと論じても、あまり役に立たないでしょう。
お釈迦様の時代以来、今まで、いずれの部派でも、タンハーが特定できなかったのですから。

本来、「個人のタンハー」さえ特定できれば、どんな手段でもいいはずです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる