ここから本文です

桂枝雀の『スビバセンおじさん』に収録されたショート落語に出てくる「かげぼし」(...

aks********さん

2019/9/2510:34:40

桂枝雀の『スビバセンおじさん』に収録されたショート落語に出てくる「かげぼし」(かげぼしの意味が分からない)、「投票数の少ない候補者が当選するので、みんな静かにしている」、

「仏壇もテレビに映ったものだね」の三つのテーマは何を意味しているのですか?当時の世情を踏まえて教えて下さい。

閲覧数:
43
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kas********さん

編集あり2019/9/2511:24:27

かげぼし

ではなく

影法師‥影のことです。
カゲを洗いに出したら(クリーニング)少し短くなった‥と言っています。

  • kas********さん

    2019/9/2511:31:03

    お経をお坊さんの本物ではなくテープで流す‥これが一般化してきた時代という感じ。
    「仏壇もテレビに映ったものだ」エー?!まさかそこも機械?!ってオチ。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/9/30 01:28:26

ご回答ありがとう御座いました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる