金券ショップに置かれている金券の出所はどこですか?店が買っているわけではないですよね?でも、客が売ったものだけを扱うにしては充実していると思います。

金券ショップに置かれている金券の出所はどこですか?店が買っているわけではないですよね?でも、客が売ったものだけを扱うにしては充実していると思います。 JRの切符もいろいろな区間のものが売られていますよね。関西ではイコカの普及が関東のスイカほど進んでいないそうです。金券ショップで切符を買って利用する人が多いからだそうです。切符の需要があったとしても、供給がなければ商売になりませんよね。「クレジットカードで買う→金券ショップで売る→現金が入る」といったことをやっている人だけでは足らないと思うのですが。

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

ID非公開

2019/10/2 12:11

個人が、不要な金券を売ると言うのが分かりやすいですが、これだと、質問者さんの推測どおり、数が足らないですよね。 よく聞くのが、企業のノルマ対策です。 例えば、旅行会社が、売り上げノルマ達成のため回数券等を大量に買って、金券ショップに売る。 当然、差額が損になるので、経費処理をするようなことを聞いたことがあります。 また、接待、お中元、お歳暮なんかで、大量の金券が渡されているなんてことも、聞いたことがあります。

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

駅でも店員が買っていましたよ。 阪急仁川駅の阪神競馬場に通じる地下道にある自動券売機なんて、金券ショップの仕入れ先になっていたから。(笑) 競馬開催時のみの営業で利用者も少ないことから、店員が5台くらいの自販機に1万円単位でお金を入れて回数券を1時間とか占拠して買っていた。 当然、阪急はそれを把握していたと思う。結果が、切符タイプの回数券は無くなった。 大阪メトロの当日限り有効の回数券を扱っているお店も、駅が空いている時期に回数カードから引き換えているらしい。回数カード自体の扱いはほぼない。

1人がナイス!しています

1

最近では店が買うケースが増えてます 買取の方が利益率は高いのですが、質問の通り数が追いつきません まぁ買い方に工夫はありますが

1人がナイス!しています