トリチウム水の処理にお金がかかるので海に放出という議論がされているようですが、トリチウム水は安全なのですから、日本の海にながすとかそんな手間を掛けるのではなく、

トリチウム水の処理にお金がかかるので海に放出という議論がされているようですが、トリチウム水は安全なのですから、日本の海にながすとかそんな手間を掛けるのではなく、 そのままタンクから排出して日本の大地に染み込ませればよいのではないでしょうか? それなら外国に文句を言われることもなくなりますし、なんなら安全トリチウム水とでも銘打って飲料水として海外に輸出すれば儲かるんじゃないですか? あと特に、福井県とか原発を誘致されている市町村なんかも風評に負けるな!というスローガンの元結構飲料水として引き取ってくれるのでは?

ベストアンサー

0

さうがネトウヨさんは言うことが違うな。モノホンそっくり。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

勉強になりました。

お礼日時:2019/10/5 20:24

その他の回答(6件)

0

地面に吸い込ませた水はいずれ海に流れ出ます。処理できる水の量を考えると直接海へ流すのがよいということで、世界中で何十年も海洋投棄が行われています。何も問題は起きません。 トリチウムは三重水素(さんじゅうすいそ)という物質で、要は水素です。

0

と言うか、あの汚染水の八割はトリチウム以外も含まれているそうですから(東電のHP発表)、大地にも海にもバラ蒔けません。

1

トリチウムが安全だと言っている人の話を聞くと、濃度を下げる、薄めれば安全だということらしいです。 ウイスキーをそのまま飲めば、酔ってしまいますが、千倍くらいに薄めれば酔いません。それと同じで、希釈すれば人体に害がないだろうという程度のようです。 だから、地中に染み込ませたり飲んだりしたら危ないのです。 福島原発の汚染水がいっぱいになるのは、あと三年くらいあるので、その間に海に流すと言っている人に毎日飲んでもらって、臨床試験してもらったらいいですね。

1人がナイス!しています