ここから本文です

原発って内陸に作れないそうですが、チェルノヴイリは内陸ですよね。どうなってん...

ttd********さん

2019/10/718:04:44

原発って内陸に作れないそうですが、チェルノヴイリは内陸ですよね。どうなってんですか?

閲覧数:
171
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yak********さん

2019/10/813:26:11

他でも同じ質問がありましたが、こちらに回答しておきます。

原発が内陸に作れないというのは間違いであり、米国、欧州、ロシアなどでは内陸に作っています。

自動車のエンジンでも、その排熱をラジエターで冷やし、ラジエターの水は大気と熱交換しているように、原発でも火力でも最終的には排熱を除去(冷却)する必要があります。この冷却水として、内陸に作る場合には海水を用いるのではなく河川の水を用いる必要があります。

海水の場合は、無限の熱容量があるようなものなので、温排水をそのまま海洋に放出できますが、河川に放出する場合には、河川の温度上昇が過度に上昇しないように、冷却塔を設けて、大気と熱交換して、温排水の温度を下げてから放出する必要があります。

このため、海岸に発電所(火力、原発)を作る方が経済的に有利なのです。米国の州、欧州の国では海の無い州、国がありますので、止むを得ず内陸に作っているのです。

なお、海岸に立地する場合には、大型機器を陸路(トラック輸送)ではなく海上輸送できるという利点もあるのです。
ですから、日本の場合は、原発も火力も海岸に作るのが基本となっています。

そして、こちらの質問には無知な「放射脳」が食い付いてきて、酷い回答をしていますので正しておきます。

>原発は安定して高レベル放射性汚染水をコッソリ垂れ流す為には海や川が必要です。東京電力福島原子力発癌発電所が次々とメルトダウンし、次々と爆発して吹き飛んだ事故の後、汚染水タンク問題で、他国も我が国も今までずっと垂れ流して来たんだから良いじゃねえか!と、原発利権者が自ら白状し始めましたよね。
⇒他で何度も説明しているように、トリチウムは天然に生成、存在する物質であり、飲料水にも、体内にも、河川にも、海洋にも存在しているのです。排出しているのはトリチウムであり、公開されているように基準値以下であれば科学的には十分安全なのですから、堂々と排出しています。
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/...
世の中には有害物質は多く存在し、火力発電所からも工場からも自動車からも基準値以下の有害物質が放出されているのです。飲料水にも、食料にも基準値以下の有害物質が含まれているのです。
こういうことも分からずにトリチウム放出を騒ぐのが無知な「放射脳」ということです。

>そして、熱効率も悪い原発ですから、臨界運転で発生した熱の大半を川や海に大放出して地球を熱します。川や海を熱して、海洋に溶存している二酸化炭素もメタンまでをも大気中に大量分離放出です。そして、嘘ばかりつき続ける原発利権の書き込みバイトが、原発は二酸化炭素を出さない地球に優しい僕らの未来のエネルギーだとほざき、呆れられているのです。熱効率も最悪な原発ですから、大量な水が必要なのです。
⇒これも何度も説明しているように、原発(軽水炉)の熱効率は35%程度で、火力が42%程度(1.2倍)ですが、日本でも世界も火力の方が圧倒的に多い(日本40倍、世界7倍)のですから温排水で騒ぐのであれば火力であることは小学生でも分かることですが、「放射脳」には分からないのです。
太陽エネルギーの分布でそもそも、海面水温はその地域によって0℃~35℃の範囲で分布しており、赤道近傍では高く、北極、南極が低いという当たり前の温度分布になっています。また、季節によっても海面水温は異なるのであり、日本近海でも地域と季節によって0℃~30℃もの温度分布があるのです。
なお、エネルギーの最終形態は熱であり、熱効率を騒いでも、電気になったエネルギーも熱として放出されることも「放射脳」には分からないのです。更に、エネルギー収支比(EPR)が原発は約40なのに対し、LNG火力は約2と20倍も違うこともまったく分かっていないのです。

>『運転のためには常に冷却して過剰に中性子の放出で核分裂が盛んになりすぎない様にする必要があります。そのために有効な手段の一つが冷却をやり続けることです。有効な方法は水を冷却水に使う事。原子炉内では減速材にも使いますが運転温度も300℃以下にするためには水を使うのが一番簡単なのです』と、語っている原発が好きな人もいますが、温度が上がり過ぎればボイド過多となり熱中性子も減るのですから、逆のことを言っています。
⇒本質からズレています。温排水は、炉心の冷却とは直接には関係しません。

>危険性の一番高いトリチウムも、我が国では国民に知らせずコッソリ放出を続けて来ましたが、今回の事故の流れで昔からコッソリ垂れ流し続けて来たこともバレてしまいました。
⇒上で説明した通り、基準値以下のトリチウムは日本でも世界でも堂々と排出していました。
http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/genpatsu/tritium_3.html
「放射脳」は無知なので知らないというだけのことです。

>もっと前は、我が国も、更に厳しい高レベル放射性廃棄物をドラム缶に突っ込んで海洋投棄していたのですが、グリーンピース様に怒られて、世界中で中止の運びとなったのです。自然界にコッソリ高レベル放射性汚染水を放出するのは日本の場合は陸域からの海洋投棄が一番簡単で、長い海岸線にも恵まれ汚染水の大放出祭りが続けられています。
⇒よくある「放射脳」の妄想であり、何の根拠もありません。

>内陸の場合は大陸には大きな川があり、それを利用するケースが多い様です。チェルノブイリはプリピャチ川と言う大きな川があり、あの事故で下流域の住民は地獄を見続けています。本流はドニエプル川で黒海に注いでいますから、プリピャチ川やドニエブル流域の住民は涙目を通り越して葬式の嵐です。トルコの黒海沿岸域の方々も葬式ラッシュとなり、平均死亡率は74歳から58歳へと最悪な状態になり、そこへ我等がウチュクチー国ニッポンと突然叫ぶ原発利権者様がトップセールスで原発を売り込みに行ってしまい、勿論、キャンセルされました。当たり前だのクラッカーなのですが、何も知らない我等が原発利権者様は、事故ったら日本補償って僕が言えば、買ってくれると思ったのに、トルコ国民は怒りまくってデモラッシュでした。それでもチェルノブイリ原発は、プリピャチ川や海を護るんだと、炉心直下にコアキャッチャーを構築し、汚染水漏洩を低減したのですが、それでも癌だらけ白血病だらけの葬式だらけになっています。(以下略)
⇒これも何の科学的根拠のない「放射脳」の妄想です。なお、トルコへの原発輸出が成功しなかった理由は単なる価格です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kua********さん

2019/10/1411:27:57

東京ドームが小さく見えるような、

超巨大な廃熱塔が必要になりますね。

よく写真で使われてる、アレ。

ズラーっと、弱い海岸線に並ぶ原発50基。

地震も、津波も、テロも、想定外でも過失なし。

おサルの篭屋が原爆運ぶ。

それよりも危険を感じるのは、私だけなんでしょうかね?

プロフィール画像

カテゴリマスター

rie********さん

2019/10/910:55:16

物理的にはできる。アメリカの原発は内陸がほとんどだ。

だが日本にゃアメリカのような広大な土地はない。原発がちょいと事故れば周囲に汚染被害が目白押しとなる。
福一事故だって大気放出された汚染物の大半は太平洋上を東へ逃げたのだ。事故後もたれ流れる汚染は海へ出ている。

内陸へ向かった分だけであれだけの被害だ。
海に逃げた大半の汚染が内陸へ向かい、今も垂れ流される汚染が海ではなく内陸地下水や河川などだったら、今頃は関東全滅クラスになっていただろう。

周囲に住民がおらず原発が建てられるような過疎地は、山奥深くか、険しい地形の海岸線に限られる。山に建てるのは国土の水源を汚染するのと同義だから、残るは海岸線しかない。

それに、燃料や廃棄物その他の運搬には、内陸では道路事情が悪く交通事故の多かった日本では㌧デモなことだった。
なので海洋運搬しかなく、専用の港湾が使える海岸線しか候補はなかった。


しかし、日本の海岸は複雑な地形が多く、人が住まない地域は古代から天変地異が多く住めなかったから住んでいないのだ。複雑な地形そのものが、活断層だらけだし天変地変が多いことの証だ。
なのでその面では内陸よりひどく条件が悪いことが、福一事故で示された格好だ。

その証拠に、すべての原発立地の地下や直近と言える周囲にはM7以上の大地震を起こす大活断層がある。

とはいえ内陸でさえ大活断層がないところを探すこと自体、ほとんどムリだが。


つうわけで日本列島は本来的に原発立地には向いてはいないってことだ。これまで自然災害が直撃して起きた原発事故は日本以外にはない。福一以前でも柏崎刈羽など地震で起きた事故も日本ならではだ。

mai********さん

2019/10/813:32:22

画像の上側に貯水池に排出口と、直ぐそばにプリピャチ川からの流入用地下パイプ。
下方にプリピャチ川への放出口があり汚染水も垂れ流し。

コアキャッチャーを造ったから、まだマシだったけど、それでも大勢の人が死んじゃった。

今も平均寿命は低いまま。

画像の上側に貯水池に排出口と、直ぐそばにプリピャチ川からの流入用地下パイプ。...

aki********さん

2019/10/809:15:54

再利用閉鎖循環式の貯水池によって放熱がおこなわれていたようです。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/rssj1981/6/2/6_2_165/_pdf

プロフィール画像

カテゴリマスター

ajq********さん

2019/10/807:57:19

原発は安定して高レベル放射性汚染水をコッソリ垂れ流す為には海や川が必要です。
東京電力福島原子力発癌発電所が次々とメルトダウンし、次々と爆発して吹き飛んだ事故の後、汚染水タンク問題で、他国も我が国も今までずっと垂れ流して来たんだから良いじゃねえか!と、原発利権者が自ら白状し始めましたよね。

そして、熱効率も悪い原発ですから、臨界運転で発生した熱の大半を川や海に大放出して地球を熱します。

川や海を熱して、海洋に溶存している二酸化炭素もメタンまでをも大気中に大量分離放出です。

そして、嘘ばかりつき続ける原発利権の書き込みバイトが、原発は二酸化炭素を出さない地球に優しい僕らの未来のエネルギーだとほざき、呆れられているのです。

熱効率も最悪な原発ですから、大量な水が必要なのです。

『運転のためには常に冷却して過剰に中性子の放出で核分裂が盛んになりすぎない様にする必要があります。そのために有効な手段の一つが冷却をやり続けることです。有効な方法は水を冷却水に使う事。原子炉内では減速材にも使いますが運転温度も300℃以下にするためには水を使うのが一番簡単なのです』と、語っている原発が好きな人もいますが、温度が上がり過ぎればボイド過多となり熱中性子も減るのですから、逆のことを言っています。

危険性の一番高いトリチウムも、我が国では国民に知らせずコッソリ放出を続けて来ましたが、今回の事故の流れで昔からコッソリ垂れ流し続けて来たこともバレてしまいました。
もっと前は、我が国も、更に厳しい高レベル放射性廃棄物をドラム缶に突っ込んで海洋投棄していたのですが、グリーンピース様に怒られて、世界中で中止の運びとなったのです。

自然界にコッソリ高レベル放射性汚染水を放出するのは日本の場合は陸域からの海洋投棄が一番簡単で、長い海岸線にも恵まれ汚染水の大放出祭りが続けられています。

内陸の場合は大陸には大きな川があり、それを利用するケースが多い様です。チェルノブイリはプリピャチ川と言う大きな川があり、あの事故で下流域の住民は地獄を見続けています。本流はドニエプル川で黒海に注いでいますから、プリピャチ川やドニエブル流域の住民は涙目を通り越して葬式の嵐です。

トルコの黒海沿岸域の方々も葬式ラッシュとなり、平均死亡率は74歳から58歳へと最悪な状態になり、そこへ我等がウチュクチー国ニッポンと突然叫ぶ原発利権者様がトップセールスで原発を売り込みに行ってしまい、、勿論、キャンセルされました。

当たり前だのクラッカーなのですが、何も知らない我等が原発利権者様は、事故ったら日本補償って僕が言えば、買ってくれると思ったのに、トルコ国民は怒りまくってデモラッシュでした。

それでもチェルノブイリ原発は、プリピャチ川や海を護るんだと、炉心直下にコアキャッチャーを構築し、汚染水漏洩を低減したのですが、それでも癌だらけ白血病だらけの葬式だらけになっています。

福島原発は、汚染水を食い止めようとしていましたが、我等が原発利権者の三本の矢の人が、コアキャッチャーも却下し、底が底抜け嘘三の凍土壁を国民の税金を何百億円もドブに捨てて造ってしまいました。

底が底抜け嘘三の凍土壁ですから、地下から海へと垂れ流しが続いています。

更にタンマリ溜まった高レベル放射性汚染水を、またダイレクトに海へと放出が始まるのです。

福島県の方々が、いくら怒っても安全だと嘘をつき、垂れ流したい嘘三や原発loveの書き込みバイト君たち。

困ったものですね。

海へ垂れ流しても、超強烈な熱排水です。
日本海側も熱せられ、もう2℃近く上げられてしまいました。
台風も日本海に引きずり込み続け、異常気象を巻き起こし続けています。

川に流せば勿論、汚染も高濃度で温度まで海より上昇し、魚は水面にプ~カプカと浮かんで人間と一緒に永眠です。

毎年、あちこちの国で川がアーチーチー!アーチー!(郷ひろみ風)と、なり過ぎて、原発も冷却不可能となり止まっています。

原発は海も川も熱し過ぎるのです。


仏南部の原発、猛暑で一時停止 パリで40度超の予報も | 全国のニュース | 福井新聞ONLINE - 福井新聞社
2019/07/23 · 【パリ共同】フランス電力は23日までに、今週続くと予想される猛暑のため、南部ゴルフェシュ原発2基を同日以降一時停止すると明らかにした。地元 ..

【新欧州分析】熱波襲来の欧州で泣き笑い 原発一時停止・英で数百の遺跡発見・ワイン向けブドウ豊作も - 産経ニュース
2018/08/24 · 【新欧州分析】熱波襲来の欧州で泣き笑い 原発一時停止 ・英で数百の ... 冷却のために冷たい海水を利用しており、気温の上昇で稼働に ...



エネルギーフォーラム / clm_saishu
通常、河川に放流される温排水は10℃くらい高いから、原発集中地域での河川水の温度上昇は免れない。多くの魚類は水温28℃を越すと死滅するといわれている。環境保護 ...



欧州熱波 各地で40度超の記録更新 中東並みの猛暑 原発停止/鉄道減速/冷房利いた美術館開放 - 東京23区のごみ問題を考える -
2019/07/26 · ドイツ北部、グローンデ原発の運転を26日に一時停止するという。 ... の利用方法は、それが放出された海域で温排水による海水の温度上昇、取放水による ...


“異常高温”で欧州の原発が相次ぎ稼動中断 : 日本•国際
2018/08/06 · 冷却水として利用する川の水の温度上昇と水量減少で ... フランス電力公社は5日、東部フェッセンアイム原子炉の稼動を停止したと明らかにした。


https://youtu.be/Vhb5pCXMkxU

原発は安定して高レベル放射性汚染水をコッソリ垂れ流す為には海や川が必要です。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる