ここから本文です

芝野・初の10代名人 囲碁 最年少で七大タイトル 史上初の10代名人が誕生した...

やぎさん

2019/10/906:23:16

芝野・初の10代名人

囲碁 最年少で七大タイトル

史上初の10代名人が誕生した。

静岡県熱海市の「あたみ石亭」で

打たれていた第44期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)第5局は8日、

挑戦者の芝野虎丸八段(19)が張栩名人(39)に252手で白番中押し勝ちを収め、

4勝1敗でタイトルを奪取した。

19歳11カ月の名人獲得は、20歳4カ月で名人になった10年前の

井山裕太・現四冠(30)の記録を破り、

囲碁七大タイトル戦史上最年少となる。規定により九段に昇段する。

2014年9月のプロ入りから5年1カ月での九段昇段は、

過去最速だった井山の7年6カ月を上回るスピード昇段。

七大タイトル戦初挑戦で、第2局から一気の4連勝で勝負を決めた。

神奈川県相模原市出身。

一昨年に名人、本因坊の両棋戦で史上最年少でリーグ入りし、

昨年は世界最強の中国の柯潔九段(22)を早碁棋戦で破り優勝するなど

急速に力をつけていた。

前期に10期ぶりに名人に返り咲いた張の連覇はならなかった。

貴方が好きな棋士を教えてください?(故人も含む)

芝野虎丸八段,井山裕太,あたみ石亭,早碁棋戦,白番中押し勝ち,芝野虎丸名人,芝野八段

閲覧数:
58
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lbj********さん

2019/10/912:53:08

好きな棋士はたくさんいて1人に絞るのは難しい。
みんな努力して、みんな勝ちたいと思って真剣に打っているのだから、誰が勝ってもいいが、緊迫感のあるシビレル対局が見たい。
でも世界戦ではやはり日本の棋士を応援するかな。
芝野虎丸名人(19歳11カ月)は、7大タイトルの1つ名人位を最年少の19歳11カ月で獲得したからね、一躍「時の人」だね。
芝野虎丸名人(19歳11カ月)の石音を立てずにそーと打つ打ち方は独特だね。
芝野虎丸名人(19歳11カ月)は喋ると世慣れていないまだ子供という感じで、打つ時も石音を立てずにそーと打つから、喋りと打ち方だけなら、全然強そうに見えない。
ところが、実際に打つとこれがまたもの凄く強い。
見る人によっては母性本能をくすぐるタイプだね。

●囲碁・芝野新名人 井山四冠との王座戦「いい状態で臨めるかな」
2019.10.8 21:48
https://www.sankei.com/life/news/191008/lif1910080050-n1.html
囲碁の七大タイトルを最年少の19歳11カ月で獲得した芝野虎丸新名人の一問一答は次の通り。
ーー最年少タイトルホルダー、最速と記録ずくめの名人。どんな気持ちか
「自分が名人でいいのかなという気持ち。大きな分岐点。今後も満足せず頑張っていきたい」
ーー制の対局や持ち時間8時間は初めての体験。どんな印象だった
「大変というより新鮮で、いい経験になった」
ーーの勝因は
「気持ちを切らさずに打てたことがよかった」
ーー会見した感想は
「たくさんの人の前で話すことがないので、変な感じ」
ーーを誰に伝えたいか
「家族や、一緒に勉強してきた仲間に感謝を伝えたい」
ーーの目標は
「名人をとることができて、自信になった。いい状態で(井山裕太四冠との王座戦も)臨めるかな」
ーーについて
「1局1局をがんばろうという気持ち。井山さんみたいにどんどんタイトルをとっていければ」

●囲碁の芝野八段、十代初で最年少名人に
2019.10.8 19:12
https://www.sankei.com/life/news/191008/lif1910080039-n1.html
囲碁の第44期名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第5局が7、8の両日、静岡県熱海市で行われ、芝野虎丸八段(19)が252手までで、防衛を目指した張栩(ちょうう)名人(39)に白番中押し勝ちし、対戦成績4勝1敗で初の名人位を奪取した。
19歳11カ月の芝野八段は、井山裕太四冠(30)が平成21年に20歳4カ月で名人を獲得したのを上回り、史上最年少での七大タイトル獲得となった。
名人獲得の規定により、9日付で九段へ昇段する。
芝野新名人は11年、神奈川県出身。
26年に14歳でプロになると、29年には入段2年11カ月の史上最短で全員に参加する資格がある第26期竜星戦に優勝。
同年に新人王戦優勝。非公式戦ながら30年には、世界最強とされる柯潔(かけつ)九段(22)=中国=も破っている。

●囲碁の19歳・芝野八段 一気に頂点へ 1日10時間の研究が結実
2019.10.8 19:51
https://www.sankei.com/life/news/191008/lif1910080045-n1.html
7、8の両日行われた囲碁の第44期名人戦七番勝負の第5局を制した芝野虎丸八段(19)が、張栩(ちょうう)名人(39)からその座を奪い、史上初めて10代での七大タイトル保持者になった。
プロ入り5年1カ月での獲得も、許家元(きょ・かげん)碁聖(21)=現八段=を3カ月上回る史上最速だ。
今期の名人戦で、第1局こそ敗れた芝野だが、初めての2日間対局、考慮時間が8時間ある長丁場の勘所をつかみ、そこから4連勝し一気に頂点へ立った。
ときにじっくり考え、ときに挑発するような大胆な手を打ち自分のペースを築いていった芝野。
一手間違えれば、優劣がすぐに入れ替わる状況が長く続いた第5局も正座を崩さず、常に冷静に着手。
難しい局面でも間違えずに打ち、勝利をたぐり寄せた。
「(実感は)まだ、よくわかりません」。
対局後、史上最年少の七大タイトル獲得に芝野新名人はこう話したが、囲碁界での下馬評は高かった。
七番勝負開幕前、歴代最多タイトル75期の趙治勲(ちょう・ちくん)名誉名人(63)が
「さすがの張栩名人も、真摯に囲碁に向き合い、質量ともに豊富に研究している今の虎ちゃん相手に防衛するのは難しいのでは」
と予想していた。
伸び盛りなうえに、日々10時間を囲碁に費やす若者を称賛していたのだ。
防衛を目指した張は平成20年の名人戦で、当時19歳4カ月だった井山裕太現四冠(30)の挑戦を受けた。
このときは退けたが翌21年、囲碁界初の五冠保持者の立場で再び井山を迎えるも、1勝4敗で敗退。
井山に20歳4カ月の最年少名人の称号を与えた。
その後、井山は頭角を現すことになる。
“平成四天王”のひとりに数えられた張だが、25年の棋聖戦で井山に敗れ無冠に。
昨年、六冠保持の井山を破り10期ぶりに名人へ返り咲いたが、令和初の名人戦では、さらにその下の世代である芝野の前に屈した。
通算タイトル41期、長く一線に君臨する張も
「芝野君が強かった」
「(シリーズ通して)レベルの高い碁(を打たれた)」
「完敗でした」
と脱帽せざるをえなかった。

https://www.nihonkiin.or.jp/match/internal/
国内棋戦
国内で行われている7大棋戦を含む主な棋戦のご紹介です。
2019年10月9日現在

棋聖戦
第43期 優勝者
井山 裕太九段
1976年設立
読売新聞社 他主催
優勝賞金 4500万円

名人戦
第44期 優勝者
芝野 虎丸九段
1974年設立
朝日新聞社 他主催
優勝賞金 3100万円

本因坊戦
第74期 優勝者
井山 裕太九段
1939年設立
毎日新聞社 他主催
優勝賞金 2800万円

王座戦
第66期 優勝者
井山 裕太九段
1952年設立
日本経済新聞社 他主催
優勝賞金 1400万円

天元戦
第44期 優勝者
井山 裕太九段
1974年設立
新聞三社連合 他主催
優勝賞金 1300万円

碁聖戦
第44期 優勝者
羽根 直樹九段
1975年設立
新聞囲碁連盟 他主催
優勝賞金 800万円

十段戦
第57期 優勝者
村川 大介九段
1961年設立
産経新聞社 他主催
優勝賞金 700万円

質問した人からのコメント

2019/10/13 12:53:42

芝野虎丸新名人

おめでとうございます!

「芝野虎丸」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる