ここから本文です

逮捕後の留置場、起訴後の拘置所に収容されると入浴する事が出来ないのでしょうか。

逮捕後の留置場、起訴後の拘置所に収容されると入浴する事が出来ないのでしょうか。

閲覧数:
38
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gar********さん

2019/10/1008:49:21

留置場でも拘置所でも月曜から金曜の間で最低二回の入浴は日課として保障されています。もちろん一回15分と言う規定は拘置所や刑務所にはありますが(^^)

  • gar********さん

    2019/10/1209:14:47

    留置場では古い順番ではありません。取り調べの時間に応じて時間に余裕のある被疑者から順に入浴です。また入浴は必ずさせますから、取り調べより入浴の日課が優先されます(一部の例外を除く)拘置所では、収容されている部屋の順送りです。前回が1番なら次回は最後です。これは被疑者に不公平感を与えない為の措置で、食事を配る順も毎日変わります(^^)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/10/15 06:41:10

お返事どうもありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/10/1107:39:40

週に2回は入浴できます。シャンプーや石鹸には収容施設ごとに基準があります。

留置場では古い順番に入ることになります。
時間は15分間。脱いだ洗濯物は洗濯&乾燥機してくれます。

2019/10/1007:47:19

入浴できます。

刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律
(入浴)
第五十九条 被収容者には、法務省令で定めるところにより、刑事施設における保健衛生上適切な入浴を行わせる。

(刑事施設に関する規定の準用)
第二百四条 第五十七条から第五十九条までの規定は被留置者について、第六十四条及び第六十五条の規定は留置業務管理者による被留置者に対する措置について、それぞれ準用する。この場合において、第五十七条、第五十九条及び第六十四条中「法務省令」とあるのは「内閣府令」と、第五十七条ただし書及び第五十九条中「刑事施設」とあるのは「留置施設」と、第六十四条中「刑事施設内」とあるのは「留置施設内」と、「第六十一条」とあるのは「第二百条第二項及び第三項」と、「第六十二条」とあるのは「第二百一条」と、第六十五条第二項中「刑事施設の外」とあるのは「留置施設の外」と読み替えるものとする。

国家公安委員会関係刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律施行規則
(入浴)
第十七条 法第二百四条において準用する法第五十九条に規定する入浴の回数及び時間は、気候その他の事情を考慮して、留置業務管理者が定める。
2 前項の回数は、五日につき一回を下回ってはならない。
3 入浴には、留置業務に従事する職員が立ち会うものとする。この場合において、女子の被留置者の入浴の立会いは、女子の職員が行わなければならない。

def********さん

2019/10/1007:45:53

んなこたない

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる