ここから本文です

郵便局が日本郵政公社時代は1人の局員がバイクで郵便配達と窓口で貯金のやり取りが...

uto********さん

2019/10/1320:04:23

郵便局が日本郵政公社時代は1人の局員がバイクで郵便配達と窓口で貯金のやり取りが出来ていたんですか?今は別々の局員が対応しています。

閲覧数:
19
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jvb********さん

2019/10/1320:13:22

公社時代から別々ですよ

  • 質問者

    uto********さん

    2019/10/1320:14:06

    公社時代から郵便配達、窓口と分けられていたんですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

postさん

2019/10/1401:10:46

郵政省時代は貯金の外務と郵便の外務は同じ人が出来る仕組みがありましたが
今は基本的にはなくなりました
ただし郵便配達と窓口の貯金が同じ人が出来たのかは把握していません

プロフィール画像

カテゴリマスター

shj********さん

2019/10/1320:58:55

民営化前の正社員クラスの郵便局員だと、配達担当郵便局で、配属なら「バイクの免許あるので、集配担当の部署で、集配担当者として勤務」なり、「郵便窓口や貯金保険窓口等、窓口担当者として勤務」と、配属先が異なるそうです。

つまり「郵便物を配達する係として、集配担当の部署へ配属された人」と、「貯金や保険関係の取引で、外回り営業担当で、貯金保険窓口へ配属された人」に別れるので、郵政省時代から、変わってなかったそうです。
(集配担当の部署と、郵便や貯金保険の窓口は、特に郵政省時代なら、それぞれの採用試験を、実施してたとの事。)

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる