ここから本文です

神の存在証明って不可能でしょうか?

zap********さん

2019/10/1507:07:20

神の存在証明って不可能でしょうか?

閲覧数:
151
回答数:
18

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/10/1513:13:56

可能だとしたら次の4つが考えられます。

目的論的証明(自然神学的証明):世界が規則的かつ精巧なのは、神が世界を作ったからだ。
本体論的証明(存在論的証明):「存在する」という属性を最大限に持ったものが神だ。
宇宙論的証明:因果律に従って原因の原因の原因の…と遡って行くと根因があるはず。この根因こそが神だ。
道徳論的証明:「道徳に従うと幸福になる」と考えるには神の存在が必要だ。
(wikipediaより)

でもどれも反論がいろいろあって決定打にはならないようで・・・

「証明は不可能。以上」
という結論に至るのは簡単ですが、一見無意味に見えるこういう議論がたぶん哲学では大事なんでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/17件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

afo********さん

2019/10/2108:43:59

存在しないものの「存在証明」は不可能でしょう。

bec********さん

2019/10/2022:36:20

現在の科学では証明は不可能です。
しかし、神がもしもはっきりと存在するものならば、科学は将来必ずそれを突き止め証明するでしょう。
それは宇宙の神秘のすべてが解き明かされる時でもあります。
遠い未来かも知れませんが、科学と宗教が一つに融合する時が必ず来ます。

神は果たして存在するのか…?
キリストや釈迦が存在すると説いているのなら。間違いなく存在するのでしょう。

tos********さん

2019/10/1918:33:13

①物語上に登場する神様
はじめに、神についていいますと、キリスト教などで説かれる天地創造の神、ゴッドは、預言者・キリストの言葉(教典)に出てくる登場人物で、現実に、地上に姿を現わしたことはありません。


②人間や動物などを、人間の都合によって神様に祭り上げたもの
天理教の「天理王命(てんりおうのみこと)」や金光教の「天地金乃神」などの「神」と称される存在も、教祖がある日、思いついたように突然言い出した架空上の存在であり、これらの神々もまた、現実にこの世に出現したことはなく、とうてい信じがたいものがあります。
神社のなかには、天満宮や明治神宮、豊国神社などのように、菅原道真や天皇、豊臣秀吉などの歴史上の人物を祭ったり、あるいはキツネ(稲荷)やワニ(金比羅宮)などの動物を「神」として祀(まつ)っているところもあります。

しかしこれらは、偉人を敬慕(けいぼ)する感情や時の政治的な思惑、あるいは動物の不思議な力を利用しようとしたり、死者の祟(たた)りを鎮(しず)めようとするため、人間の考えや都合によって、いわば勝手に「神」として祭りあげたものにすぎません。


そもそも、偉業をなしとげて多くの人から慕われ、亡くなったからといって、その人がただちに「神」になったり、人々を救う尊い存在になることなど、あり得ませんし、もしも、それが可能ならば、世の中には、神様があちこちに存在することになり、我々は誰に向かって「神」として拝んでいけばよいというのでしょうか。
また、たとえ死んでしまったからといって、生前、対立し闘い合った人同士が、ともに神という存在になったとして、どちらの神様の側について祈願すれば、私たちの願いが叶っていくというのでしょうか?


③「神」という存在
本来「神」とは、自然崇拝の産物であり、宇宙に存在するさまざまな自然作用には、それぞれ神秘的な生命、すなわち神(たましい)が宿っているという思想に端を発しています。
したがって、発生当初考えられた神という存在は、一つの人格や個性を指し示すものではありませんでしたし、神社などに招聘(しょうへい)して祀(まつ)られて拝む対象となるものではなかったのです。
たとえば日本で崇められる神の一つとして「天照太神」があります。日本の皇祖神(伊勢神宮)とされていますが、簡単に言えば太陽です。

太陽は、その大きな力で地球を暖め、生きとし生けるものの生命を育む源となっています。その太陽からの大きな恵み、あるいは大自然の恵対して、私たちは感謝し、その恵みを大切に使っていくことが大事なことですが、その太陽自体を拝むことによって、太陽に人格的な不思議な作用が具わったり、太陽が何らかの奇跡を起こすことはありません。

あくまでも、太陽(天照太神)の恵みは、感謝の対象である、ということです。


このような自然界の作用の恵み(自然界の作用)が強ければ、人々は平和で豊かに暮らせるわけですが、仏法においては、神の作用は正しい法の功徳を原動力とし、諸天善神が正法(南無妙法蓮華経)を味わう、つまり自然界が法華経の功徳によって潤うとき、(これを法味(ほうみ)といい)仏の威光と妙法の力を得て、善神として人間生活を守り、社会を護る力を発揮すると説いています。

zoo********さん

2019/10/1911:15:39

最近、空気と水の循環システムとかゴミのコンポスト装置とかの整った住宅が当たり前の様になっていますが、その高性能な家の内、設計者、建築家がいなくても資材置いてたら出来上がってた家ってありますかね、、、、。
っていう観点も:-O

https://www.jw.org/ja/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA...

pet********さん

2019/10/1900:36:43

もし、その神というのが絶対的存在であるということなら、そこに相対されるものというのがなく、相対されるものというのがないということで、すべてが全体にしてつながっているようなものであり、全体としてのひとつとして、唯一なるものです。
それだったら宇宙なので、問うまでもなく、私たちが神であるのです。 そこら辺の石とか砂も、液体とか気体も、個別に特定して名付けたものですが、ここは全体に固定して特定できないような環境にあるもので、全体につながった変化にその姿を見せています。(見せているわけではありませんが)
その宇宙が実在することで外界と交わりながら形成される人間とは宇宙そのもので、(相対してなく)絶対的に実在するものです。
神であろう者が、神の存在に関し問うていたというわけですが、もしそれに対し不服ということなら、それは相対的なものということか、実在するもの以外ということになるので、絶対的な理想像という辺りになります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる