ここから本文です

織田信長が裏切られたのって本拠地を変えた事が原因ですか? 浅井長政の時は尾...

ana********さん

2019/10/1711:18:56

織田信長が裏切られたのって本拠地を変えた事が原因ですか?

浅井長政の時は尾張から岐阜、明智光秀の時は岐阜から安土。

本拠地を変えると愛着が無くなったってよくありますよね。スポー

ツとかで。
それが原因ですかね?

閲覧数:
109
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/10/1711:31:37

織田信長が裏切られたのは、組織管理に失敗したからです。
天才カリスマ経営者というのは、凡人の部下の気持ちなんか理解する必要はまったく感じません。だから無能は人間は平気で切れるし、部下の生きがいの仕事を平気で取り上げて配置転換を命じても、ソイツが不満を持つどろうとか全然考えない。だから、部下に裏切られたとき、その理由がまったく理解できない。
こういう人間を現代では「サイコパス」といいます。急成長したカリスマ経営者ってのは、たいてい、コレです。
本拠地を平気で次々に変える、というのも、独裁カリスマらしい特徴のひとつです、確かに経営判断としてはまったく合理的で正しい、もとの土地に愛着のある武士がグズグズ言っても「そんなバカはオレの部下には要らない」と一蹴して、何の痛痒も感じない。本拠地が変われば当然、人事配置もガラガラポンされる、能力あるものが大抜擢されると同時に「足りない」と判定されたものは無慈悲に切られる。つねに組織を新しくすることは合理的です。しかし、そういう合理性に違和感を持つ部下も増えていく。そういうモヤモヤは、積み重なっていき、いつか臨界点を超えて爆発する。それが本能寺です。

  • 2019/10/2216:19:49

    近江・丹波から、石見・出雲への異動の内示は、つまり「次の九州攻めのときは最前線に立て」という意味です。石高は増えますので、表面上は出世です。しかし光秀にしてみれば、畿内担当・側近的な位置から外された、という事実上の左遷と受け取らざるを得ません。光秀の織田家内の地位は明らかに低下しつつあった。
    ところが信長ってひとは、部下の不満とか反発とかに全然気がつかない。だから恨まれてるかもなんて思ってない。そういうやつなんです。
    結局、本能寺の動機なんて、突き詰めれば単純な話です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

まあ決めては朝廷さんからの勅命だろね

one********さん

2019/10/1807:19:31

そうではないと思いますよ!

信長はいろんな人に裏切られています。

浅井長政・武田信玄・上杉謙信・毛利輝元・松永久秀・荒木村重・明智光秀と考えられるだけでもこれだけ居ます。

として、その都度、本拠地を変えてはいません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

peace2qazさん

2019/10/1719:43:16

信長公が安土城を築いたのに、常識的に坂本城に光秀がいるのは不自然です。

どこかで手柄を立てて移封は当然ではないでしょうか。

bir********さん

2019/10/1718:17:12

明智が謀反に及んだ理由は織田信長が
明智に移封を内示したからとの説が、
あります。謀反の直前、明智は
近江の一部と丹波1国を領有。
織田信長は毛利と戦い獲得した
山陰の領国を明智に与える
領地替え、移封を予定した。
近江、丹波いずれも京に近い当時
では都会の地だったのを領有する
土地面積が増大するとはいえ山陰の
田舎に移らされるのは明智としては
不満だったので謀反したとの憶測。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2019/10/1712:01:04

濃姫とは他人の長男に岐阜を与えたのが一番の原因。光秀は美濃国主土岐の一族ですからね。

長男を生んだのは大和の旧筒井家家臣の娘。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる