ここから本文です

プロ棋士でも、

アバター

ID非公開さん

2019/10/1822:56:41

プロ棋士でも、

中盤・終盤戦に持ち時間を温存したい場合、
序盤戦は思考時間数秒間の早指しは有り得ますか?

閲覧数:
20
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kzk********さん

2019/10/1910:18:05

棋戦によります。正確に言えば、持ち時間の方式によります。

従来、プロ棋戦のうち早指のものを除いては、ストップウォッチ方式でした。
ストップウォッチ方式では、1分未満は切り捨てられます。つまり59秒までの考慮は消費時間に含まれません。
ですからある程度ゆったりと時間を使って、気息を整えたり研究を思い出したりしています。

一方で最近は長時間の棋戦でも、チェスクロック方式が導入されつつあります。
例えば順位戦はB級2組以下はチェスクロック方式ですし、王座戦は番勝負でもチェスクロック方式が使われるようになりました。
こちらは秒単位で持ち時間が記録されていくので、なるべく早く指した方が時間を消費せずに済みます。
女流棋戦では以前からチェスクロック方式が多いのですが、やはり序盤は数秒でどんどん指されることが多いように思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

jtjkp292さん

2019/10/1903:07:44

あり得ます。
研究範囲は時間を使わずに飛ばす棋士の代表は豊島名人です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる