ここから本文です

建築訴訟の補修費用について。

アバター

ID非公開さん

2019/10/1916:44:28

建築訴訟の補修費用について。

原告よりの、補修工事見積書において、工事別、施工単価が、単価の根拠【積算ブック】なく
法外な工事単価にて計算され、裁判所に提出されている見積書内容【作成者,某建築設計事務所】を公表した場合、何かの法令に違反しますか。
追伸
通常価格の2〜3割高の単価でしたら理解できますが、20割高の単価にての見積書作成者に
対しまして、同じ建築関係者としまして、理解できません。

閲覧数:
38
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sen********さん

2019/10/2214:21:49

裁判であるなら、その根拠を問いただして、正当性を明らかにすればいいのでは?
逆に、同じ内容の工事の見積を複数社取って、虚偽の証拠を提出したことを証明すればいいでしょう?
見積は、いくらで出そうが自由です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる