ここから本文です

医学部生です。

アバター

ID非公開さん

2019/10/2702:25:00

医学部生です。

昨年度2年生にて、テストの成績が悪く留年となり、今年も2年生です。
昨年度は、テスト前は2週間以上前から勉強を本格的に始め、毎日行きつけのファミレスで缶詰めになってやっていましたが、テストの成績はこの努力をしても最下位(学期途中で休学や留年が決まっていた人を除く)でした。いつも再試験の連発で、いくつか単位を落とし、年度末にある、今までの内容の総まとめのような総合試験では、みんなと同じように過去問から勉強しましたが、基礎力がないのか、過去問通りの問題しか解けずに散々でした。
今年度は、なるべく理解できるような勉強をしようと思っていたのですが、結局テスト前によくわからないものの暗記に終わってしまいそうです。
今年度は進級できそう(2回目だが良い成績ではない)ですが、これからのことを考えるとかなり不安です。昨年度、再試験に追われてほとんど一年中勉強していて、疲弊し勉強の意欲も失われて病みかけたため、今年度はかなり遊んでいます。単位は全て取り直しです。
どのようにみんな医学部の進級、CBT、国家試験などは乗り越えていってるのでしょうか?
大多数の人が合格しているので、何か足りないと思うのですが。

閲覧数:
279
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

e97********さん

2019/10/2718:09:15

まず、勉強のポイントを外しているんじゃないかな、と思います。

医学部の試験勉強の仕方は
①過去問をみて出題傾向を確認
②授業プリント、または、レジュメを見ながら、重要範囲を確認
③出題傾向、重要範囲を意識しながら、医学書を読んで、理解できるところは理解する
④後は、ひたすら暗記
で、大体、いけます。
あとは、教授によっては、一部の生徒だけに出題内容を漏らす人もいるので、そういう情報を、同級生から確実にゲットするネットワークも必要です。

私は、試験直前に追い込まれて、一気に勉強するタイプではなくって、日頃から、こつこつ勉強するタイプでした。瞬発力があまりなく、スロースターターなので、前もってやらないと、直前で追い込まれて爆発力を出す同級生に勝てないんですよね。余裕がある試験とかは、2週間前とかじゃなくって、1か月前からやってたと思います。
先輩から聞いた情報で、追試の多い試験、問題が難しい試験とかある場合は、夏休み、冬休み、春休みの長期の休みから、少しずつはじめましたし。
それで、6年間、一回も追試にひっかかったことはないです。

なので、質問者が、直前に爆発的な瞬発力を出せるタイプじゃないなら、前もって、2週間前とかじゃなくって、もっと前から勉強をはじめるのをお勧めします。

後は、暗記力は、誰でも、努力すれば、必ず身に着きます。
脳科学では、暗記力は40歳まで伸びるそうです。その理由は、脳を再生する神経幹細胞は、成人になると、ほとんどなくなるんですが。記憶の中枢である海馬だけは、成人でも神経幹細胞が豊富だから、と言われております。

だから、前述のポイントを抑えつつ。
自分が、コツコツ型か、瞬発力型か、タイプを見極めて。
暗記力をひたすら磨けば、医学部の試験なんて、軽く、通れますよ。
私は、追試にかかったことないから分かりませんが。
追試にひっかかりまくる同級生とかみていると。
追試にひっかかって、その勉強をしている間に、次の試験が来てしまうので。
次の試験も、また、勉強が中途半端になって…とか。
追試で、夏休みも潰されて、疲労困憊して、疲れてきて、やっぱり、次の本試でも、うまくいかない。
という負の連鎖をたくさん見て来たので。
試験というのは、一撃必殺。追試があるから大丈夫じゃなくって。本試一発で決める、という方が、結局、労力も少ないし。
精神力も、体力も、温存できるから。
追試にひっかかりまくる同級生をみていて、要領よく試験をかわそうとしていて、結局、無駄な勉強しているので、バカだなーと思ってみていました。
だから、試験は、受かればいいな、ではなくって、絶対に一発で通る、という位勉強して、試験が終わったら、思いっきり気を抜く、とメリハリをつけた方が良いと思います。

アバター

質問した人からのコメント

2019/11/2 20:40:38

ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ひじ神さん

2019/10/3021:23:50

研修医です。
勉強の仕方が考えられないタイプでしょう。
それは勉強してないだけの人より大変かもしれません。

医学部の試験はけっきょく過去問が全てです。
基本的なことはさらっとやって
過去問に出ている知識の背景、選択肢も含むを手がかりに出題者が何を問いたくて問題を作ったのかを勉強すれば、最低限の努力で6割は絶対とれます。
大事な知識ってのは決まってるし、それは絶対過去問に入っています。
過去問やればいいと言うと、過去問の答えを覚える人がいますが、それは問題文や選択肢が変われば無意味になり、問題の背景が分かっていれば対応できます。それが差だと思います。
要約すると、過去問に出てることは選択肢まで自分の口で説明できるとこまで勉強する。過去問に出てないことはしない。国試も同じです。

アバター

ID非公開さん

2019/10/2707:22:22

要領が良くないのかなぁという印象です。

2年生ということで基礎医学で引っかかっているみたいですが、理解するところは理解する、理論が複雑すぎるところは記憶するという分別がうまくできてないのでしょう。
単に記憶した部分は数か月後にはほぼ忘れ去られますが、イタチごっこのように試験前に再度頭に入れればいいのです。

国家試験もCBTも考え方は同じで構いません。
これらの試験の前には何度も触れているため、単純暗記の部分も自ずと頭に入っていたりします。
要は何度も触れることだと思いますね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pwd********さん

2019/10/2705:54:42

>ファミレスで缶詰め
家か図書館以外の選択肢はない。

基本は自分が分かりやすい教科書を探すのに尽きる。
そういう教科書を探し出せたら試験対策の半分は終了。それに、授業で習った内容を余白に書き込んでいく。例えば、内科系だったらSTEPシリーズが好きだった。眼科は現代の眼科学というのが好きだった。ただし、今はもう絶版かも。

yui********さん

2019/10/2702:33:09

医学部生用の塾で教わりましょう。

Yahoo!知恵袋 特別企画

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる