ここから本文です

リチウムイオン電池は空になってから再充電しても性能は落ちないのに、鉛蓄電池は...

アバター

ID非公開さん

2019/11/607:40:26

リチウムイオン電池は空になってから再充電しても性能は落ちないのに、鉛蓄電池は同じことやると性能が落ちると聴きますが、その差は顕著なのでしょうか?

実は、言われてるほど変わらないとか??

閲覧数:
57
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aho********さん

2019/11/608:58:06

その原因は高校で習います。

放電時に電極に析出する硫化鉛が溶けづらいので深い放電や放電しっぱなしにすると電極に硫化物が残りっぱなしになって、電極の等価表面積がどんどん減っていくのです。
いちどこびりついた硫化物は”通常の”充電ではもうもとに戻りません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nic********さん

2019/11/608:24:59

リチウムイオン電池も空にしてはいけないのです。
空になる前に「電池保護回路」がストップするんですよ。
空になる時に発熱したり、膨張したり・・・危険なのです。
鉛蓄電池より怖いのです。

mur********さん

2019/11/607:51:32

電池の性能差というより、電池の原理差というか、鉛蓄電池を完全放電させたら性能はガタ落ちします。車の始動用バッテリーには鉛蓄電池ですが、一度空っぽになったバッテリーは早めに交換するのが身のためです。

なかっちさん

2019/11/607:50:39

エネループは1000回以上充電できますよ。

リチウム電池も劣化しますよ。電池がヘタってきたとスマホを2~3年で買い換えるでしょ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる