ここから本文です

2歳児の母です。 子供あるあるですが、 よく風邪をひきます。 鼻水から始ま...

アバター

ID非公開さん

2019/11/714:16:42

2歳児の母です。

子供あるあるですが、
よく風邪をひきます。
鼻水から始まり、咳に移行する感じです。
熱が出ることは少ないです。

今も風邪をひいていて、
週末は鼻水→
今は寝て

いる間に咳が出ているような感じです。
元気もあり機嫌よく遊んでいます。

保育園に迎えに行くと、
「鼻水がたくさん出てて……」とか
「午睡中に咳が頻繁に出ていて……」など
暗に「病院に連れていってほしい」という
ニュアンスでお話をされます。
(実際、「ではこれから連れていきます」というとホッとした顔をされます)

調べても、小児科の先生の投稿などで、
風邪は自然治癒でよい、
薬は飲めば飲むほど自分で治す力を邪魔する、
というような投稿を目にし、
私もその意見なのですが、
保育園の先生の圧に負け、
お迎え後に病院に連れていき薬をもらって飲ませています。

保育園は感染を防がなければいけない、と
いう立場なので病院につれていって薬を飲んで早く治して、ということなのかと思いますが。

熱が出ればもちろんすぐに連れていきますが、
鼻水や咳だけで病院に連れていくのは
保育園に入れてる場合は常識なのでしょうか?

閲覧数:
36
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

e_t********さん

2019/11/715:12:03

>熱が出ればもちろんすぐに連れていきますが、鼻水や咳だけで病院に連れていくのは保育園に入れてる場合は常識なのでしょうか?

保護者の常識とまでは言えないかもしれませんが、少なくとも園側・先生側ではそれが常識なのかなと思います。

>保育園は感染を防がなければいけない、という立場なので病院につれていって薬を飲んで早く治して、ということなのかと思いますが。

早く治して…もあるかもですが、インフルエンザなどのように登園してはいけない感染症の場合もあるので、親の自己判断ではなく、病院に行って検査してもらってね…というところが先生達が一番言いたい事かなと。
(ただインフルなんかは熱が出てないと検査できないと言いますし、早く行けばいいってもんじゃないとは思うんですが…。)

質問者さんがおっしゃる意見は同感です。
うちがかかりつけている小児科の先生は、あんまり検査とかも積極的にする先生じゃないですし(まぁ、何かの感染症でしょうね、とか言われるだけ笑)
そういう先生に対して「絶対検査してください!」と強くも言えないですし。

ただ、園側のスタンスも理解できるので、一応なるべく早めに病院にはかかるようにしてます。
かかっておけばあとは何か言われても「病院行きましたけど、特に何も言われませんでした~」「園には熱がなければ言って良いと言われました~」とか堂々と言えるのかなとも思ってます。(実際そう言うとそれ以上は何も言われないので…)

質問者さんも園のスタンスが理解できないわけじゃなく、仕方ないという事はわかっておられるようなので、それなら波風立てる必要はないのかなと。
逆に言えば先生達も、親の立場や気持ちもわかるけど仕事柄言わなきゃいけないから言ってるだけ…って人もいるとは思います。

園のスタンスを変えさせたい!とかそういう主張はしたところで無理がありますし
努力できる範囲でやる…くらいでいいんじゃないですかね。

>暗に「病院に連れていってほしい」というニュアンスでお話をされます。
こういう細かい部分には引っかからないでスルーしたほうがいいと思いますよ。

アバター

質問した人からのコメント

2019/11/11 16:26:49

ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2019/11/816:28:17

よく風邪を引かれるのは
免疫力が低いからだと思います

また、薬を使うと
その菌やウイルスに対して
体が闘って治したわけではないので
何度も繰り返して風邪を引くことになってきます。

保育園の対応としては間違っていますが
結局は、責任を逃れるためでしかありません。

そもそも
この世に、風邪の薬などありませんし
発熱、咳、鼻水、下痢、嘔吐など
体から出る症状は
病気ではなく体の治癒反応なのに
世の中の間違った風習というか・・
医療製薬業界がスポンサーのメディアの洗脳操作により
症状=病気だと思わされているので
症状=病院へ行くといったことが常識となっています。


医師としても
薬を出すのは、患者のためではなく
医師の安心のためということになってきます。

医師というのは
製薬会社のエビデンス通りに仕事をこなすことが
メリットであり、デメリットのないことになります

本来、
発熱、咳、鼻水、下痢、嘔吐などの
体から出る症状は、熱でウイルスを殺したり
体内から異物や菌を出すなどの
【治癒反応】が【正常】に働いている証拠なので
薬を使う必要性はありません。

人間の体には100人の名医が存在します。

本来、その手助けをするのが正しい医者です。

しかし現代医療は歪んでいます。

病院というのは【対症療法屋】の【薬物専門店】ですから
そこに行くと、ビジネスとして薬物を買わされるのです

病院側も
処方箋を出すのは
出しておいて損がありません

患者に治す能力を身に付けさせる必要などありませんし
万が一副作用が出たとしても
薬は一応認可(捏造・裏金・利権)されているものなので
裁判されても問題ないので出すだけです

また、対症療法屋の病院というのは
結果にアプローチした療法になるので
症状という結果に対して
薬を処方する薬物療法(アロパシー)になります


これらの療法は
結果にしかアプローチしていないために
原因にはアプローチしない療法になります

ですので
病院で行う治療は
根治、完治を目的とした場所ではないということになります。

例えば)
水道管から水漏れしているとします
原因は?
水質の悪化や水道管自体が問題です
しかし
結果にしかアプローチしないということは
床の水をその都度綺麗に拭いているのと同じになります

病院で行う治療とは
根本的な問題を解決しない場所になります。


薬やワクチンで感染は防げませんし病気は治せませんし
免疫力の高い体を身に付けることも出来ません。

ですので
保育園が立場上「病院につれていってくれ」と言うのは
自らの責任逃れのためになってきます。



症状=病気ではなく
病気を治そうとする治癒反応=症状です。

症状は治癒反応なのに
薬で無理矢理抑えれば
お子さんはどんどん自然治癒力を失って病気が慢性化してくだけです。

せっかく体が発熱などで免疫力を上げているのに
薬で解熱させるということは免疫力を下げる行為ですね

症状は低体温や便秘・鼻詰まりなどの出ない時の方が心配です。

高熱とともに激しい頭痛や意識障害、けいれん
めまいなどを伴うなら
治癒力が負けているので
その時は救急でも病院にかかる必要がありますが
安易に病院に行く必要もありませんし
薬を飲む必要もありません。

風邪は、薬が治すのではなく体が治すものです


症状=病気だと洗脳させる
これらが医療製薬業界や連盟・学会などが
メディアのスポンサーとなり作りあげた
一生、病院へ通いお薬手帳と共に生活していく薬漬けシステムです

その結果、世界の人口1.8%の日本人が
世界の薬の40%(タミフル75%)を消費している薬漬け大国なのです

その医療費は国家税収とほぼ同額の44兆円

それらの税金が
外資製薬メーカーに湯水のように流れ込んでいるのです


昔から病を見ずに人を見よと言います

子供は機嫌と元気が大切です

機嫌がいい時は
精神面が安定している証拠
元気がいい時は
体力面が安定している証拠です。

補足として、快食・快眠・快便
これらに異常がある時には【正しい医者】にかからなければいけません

安易に病院という対処療法屋へ行って
薬を飲む癖を付けるのをやめるべきだと思います。

お子さんが体調を崩すということは
お子さんの免疫力の低下が原因です。

免疫力の低下に繋がるような食事(糖質・農薬・遺伝子組み換え)や
生活習慣・ワクチンなどの薬害など・・
それらを真剣に考えて、見直す必要があります。

今一度、お子さんの食生活から見直して
守ってあげて下さい。



お大事に



病院へ行く時とは?

小児科医 真弓定夫 内海聡医師
https://www.youtube.com/watch?v=94d9K9uImKY

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる