ここから本文です

マイアミヒートのレブロン ウェイド ボッシュは現在でいうと誰みたいな感じですか...

アバター

ID非公開さん

2019/11/822:08:05

マイアミヒートのレブロン ウェイド ボッシュは現在でいうと誰みたいな感じですか?レブロンは年齢は結構いってるけどまだまだ衰える感じしないので、そのままで、あと2人選んでください

当時のNBAのこと全然知らないので教えてください

閲覧数:
65
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kic********さん

2019/11/916:32:50

レブロン、ADにクレイトンプソンかジミーバトラーが加わったくらいの感じですかね。

  • kic********さん

    2019/11/917:36:08

    ただやっぱり同期っていうのもひとつのキーワードなので、カリー、グリフィン、でローザンというのも。ハーデン入れたら強すぎるので。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

mar********さん

2019/11/908:14:05

今では表すのは難しいかな。

ボッシュは「史上最高のミドルシューター」と呼ばれるほど、ミドルレンジのシュートが上手いビッグマンでした。

ウエイドは「ザ・スラッシャー」と言っていいでしょうね。アタック中心のSGで今ではまずいない。

ボッシュもウエイドもキャリアの終わりは今の時代に合わせて3Pを打ってました。

ボッシュのプレーはシンプル。素晴らしい確率のシュートがあるからボールを貰ってシュートか、シュートフェイクからのアタックかと言う感じ。背が高いからブロックに行かないとそのまま打つし、ブロックに来たらファウルを貰うかアタックですね。
シュートというとっておきの武器があり、ビッグマンに似つかわしくない器用さが売りでした。

ウエイドはペイントを荒らすタイプ。ミドルレンジや独特のフローター、ユーロ気味にステップ、フェイダウエイにアシストと出来るだけリングに近づいていろいろやる選手でしたね。フィジカルが強く、ファウルを貰う技術も高かった。

どちらもミドルやペイント内を主戦場にするタイプです。今、ミドルレンジを主戦場にしてる選手はほとんどいない。ミドルとはペイント外2Pのことね。

どっちも今はいないスタイルですね。

ちなみにレブロンは衰えてますよ。身体能力や機動性、運動量は落ちてる。レイカーズに入ってからは顕著です。今シーズンも動きがいいとは言えません。出場時間やスタッツはさすがですが、かなりセーブしてます。野球で言うと、先発完投型で150キロのストレートをバンバン投げて三振の山を築いていたのに、今は変化球を多投して打たせて取るタイプになるくらい違います。

無理やりこじつけるなら、ボッシュはポルジンギス、ヨキッチとたまーにかぶるプレーがある。ポルジンギスの相手がチェックしてるのにお構いなしに高さで打つときや、ヨキッチのシュートフェイクはかぶるかな。

ウエイドは、ペイントアタックに関してはベン・シモンズでボールの貰い方やそこからのプレーはレナードに似てますかね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる