ここから本文です

建築設計において日影検証の時の日影図の作成時に

アバター

ID非公開さん

2019/11/1715:00:03

建築設計において日影検証の時の日影図の作成時に

エレベーターの塔屋やペントハウスの高さは入力対象ですか?
日影規制の対象の高さにおいてペントハウス等の緩和はあるのは分かりますが、建物自体が日影規制の対象と、なった場合に日影図作成時にはどういう扱いになるのかご教授いただきたいです。

閲覧数:
12
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kam********さん

2019/11/2314:43:59

入力する必要があります。

令2条1項六号ハのぺントハウス等の緩和は日影制限の対象建築物となるかの判定の際に適用されるもので、対象建築物となった場合の日影図の作成は建築物のボリュームをそのまま反映させて作成します。付属建築物がある場合は漏れなく反映させる必要があります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる