ここから本文です

資格の取得と合格は、同じ意味なのですか? それとも、若干意味合いが違うのでし...

アバター

ID非公開さん

2019/11/3005:02:41

資格の取得と合格は、同じ意味なのですか?
それとも、若干意味合いが違うのでしょうか?

(もし違うとすれば、どの部分でしょうか)

また、検定については「合格」は聞きますが、検定を「取得」とは
聞きません。
それについては「資格」と「検定」に明確な違いがあるからなので
しょうか?

まとめますと、
①資格の「取得」と「合格」は違うのか、違いがあるとすれば、
具体的に、どの部分なのか
②「資格」と「検定」に明確な違いがあるとすれば、どこなのか

以上の2点について、ご存知の方、回答お願いいたします。

閲覧数:
50
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2019/11/3008:37:36

①資格の取得と合格について

例として
1)国家試験合格がそのまま資格取得であるもの(合格=資格)※通常は試験合格後に免状交付や国への登録が必要
・公害防止管理者等・・・試験合格証のみで公害防止管理者に選任でできる
2)国家試験合格以外にも資格取得できるもの
・第一種衛生管理者・・・薬剤師や保健師は第一種衛生管理者試験を受けなくても第一種衛生管理者免許を申請のみで取得できる
3)国家試験合格とは別に取得できる制度がある
・エネルギー管理士・・・試験合格とは別にエネルギー管理研修を修了すればエネルギー管理士免状が取得できる
・電気主任技術者・・・試験合格とは別に指定された学校を卒業して実務経験を積めば認定で電気主任技術者免状が取得できる
4)国家試験合格以外にも実務経験や講習受講が必要
・第1種/第2種放射線取扱主任者・・・放射線取扱主任者試合格後、放射線取扱主任者講習の修了が必要。
5)そもそも国家試験がない
・衛生工学衛生管理者・・・講習のみで取得できる


②「資格」と「検定」
試験によって受験者が一定以上の知識や技能があることをはかるという上では基本的に同じ。基本的には試験に合格した結果、法令等によって無資格者が禁止されている行為が認められるのが「資格」。国によって合格者が知識や技能が一定以上であることを認定するのが「検定」。ただし公共事業等おいて入札して仕事するのに際して、技能検定合格者であることが要求されるものもあって、間接的には「資格」と言えるものもある。

アバター

質問した人からのコメント

2019/12/4 06:40:29

大変参考になりました!みなさま、ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2019/11/3008:21:05

①「取得」と「合格」

試験を受け合格すれば、資格申請を行い、その資格を取得します。
ですから、合格だけでは、資格を持った事に成りません。
例えば、合格し資格申請の時に提出する書類の中に、
その資格に必要な欠陥項目に該当する事が有れば、資格を取得出来無い場合が有ります。(例として警備員の場合は、アル中・破産宣告等々が有ればなれません)

②「資格」と「検定」

検定は、その資格に必要な知識等を持って居るかを試験する物で有り、
持って居ると認められた場合は「資格」申請をする権利を与えられます。

簡単ですが、ご説明して置きます。

mas********さん

2019/11/3007:48:58

資格は広義的で、検定は狭義的な名称です。
単に○○検定と言っても、能力認定する物もあれば、
法律による職務の条件となってる物もあります。

ygt********さん

2019/11/3005:57:33

合格後、資格の取得要件を満たさないと資格として使えない。
例えば
①司法試験
司法試験に合格した後、司法修習を終了しないと弁護士・裁判官・検察官になれない。
②中小企業診断士
診断士試験に合格しても実務補習等をして登録しないと中小企業診断士として名乗れない。

①国家試験、②(通常の)資格、③検定で考えると
①は法律で取得手続きが定めれているもの。独占的な業務が出来る。
②は各団体(商工会議所や業界団体)が一定のその能力を認めてすのスキルが一般の方にも認識されるもの。
簿記や英検等
③はある能力がある事を認めに過ぎないもの。
QC検定、アルマテラピー検定
個人的見解ですがこんな感じだと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nas********さん

2019/11/3005:19:07

①資格によっては、合格しても単なる合格者であって、他の条件を満たさないと資格者にはなれないものもあるようです。
私の知っている例では、「登録販売者」という資格があって、これは、試験に合格していること、一定の実務の経験が必要な上に、かつ、勤務先の都道府県で「販売従事登録」をする必要があるということで、実務経験が無かったり、現在勤めていないと単なる合格者であって、登録販売者にはなれないという面白いものがあります。

②資格と検定ですが、検定は合格してもそれに関する一定の知識があるということが認定されただけで、検定合格者でなければできない仕事というのは基本的には無いそうです。
これに対し、資格は、試験に合格してその資格を取得することで、実務として行えるようになることがあることが基本だそうです。判りやすいのは車の免許辺りでしょうか。

fjl********さん

2019/11/3005:06:07

一緒。
取得は既に資格がある事。
合格は合格、不合格の
内容の違い

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる