ここから本文です

法人税法 原価算入交際費について

アバター

ID非公開さん

2019/11/3012:46:13

法人税法 原価算入交際費について

これがどういう意味なのか曖昧にはわかったものの完璧にわかりきった状態でスッキリできなく、よく解説に書いてある二重課税になってしまうからという部分はどの辺りにあてはまるのか解説していただきたいです

できればなるべく全体的に解説してもらいくだいて説明してくれたら幸いです

閲覧数:
6
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cal********さん

2019/12/122:24:30

建設業が、工事原価に交際費がある場合、その工事が未成工事で、未成工事支出金のまま来期に繰り越されたとすると、未成工事支出金は資産勘定なので経費(損金)になっていません。一方で交際費の規定は支出時に交際費を認識するため、損金不算入として加算調整してしまうと、損金にしていない交際費を課税することになります。そこで、未成工事支出金に含めた交際費のうち損金不算入の対象となった金額を減額して損金算入するという規定です。これにより損金算入し、同時に損金不算入とすることで二重課税を回避するわけです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる