ここから本文です

スキーとスノボのウェアって同じものなんでしょうか? トンチンカンな質問かもし...

koh********さん

2019/11/3013:13:19

スキーとスノボのウェアって同じものなんでしょうか?
トンチンカンな質問かもしれませんが本気で聞いてるのでどなたか教えて下さい。

閲覧数:
94
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sx1********さん

2019/12/315:52:03

基本的には同じです
ボードの方が動作が大きく体温が上がりやすいため
中綿のないものが多く
スキー専用のものは中綿入りで暖かいものが多いぐらい

パンツのエッジガードの有無は違いますが
個人的にはエッジガードよりも
ボードメーカーのパンツには裾の内側に
ファスナーがついているものが多く
不整地等を滑る際にエッジがファスナーにあたるのが
金属でエッジが傷つきそうで不安かな~

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不知火さん

編集あり2019/12/218:18:00

【ウェアの違い】
スキー用…運動要素を見せる為に細身のシルエットで作られている。パンツには反対の足のエッジで切られないようにエッジガードがついている。

スノーボード用…フリースタイルで大きく動く事が多い為、ゆったりと作られている。コケる事を前提としている為、パウダーガードはしっかりした物が多い。また、スキーウェアよりは安価ながら防水性も高い。
パンツは腰パンで履いている風なデザインの物も多い。
全体的にデザイン性は高い。

【グローブの違い】
スキー用…指を使う為、5本指用の物が主流。最近はロブスタータイプ(親指、人差し指、その他の3パート)のものも。
基本的に雪には接しないので防寒性より掴みやすさ優先。

スノーボード用…基本的に手をつく事を想定しているので防寒性、耐衝撃性重視で掌底部分が厚い。ミトンタイプが主流(親指、その他の2パート)
雪が入らないように手首部分が長い。頻繁に外すのである程度以上のモデルは寒くないようインナーが付いている。
リスト用のリーシュコードが付いている物も多い。

【ゴーグル】
スキー用…アルペンが主流の為、基本的に飛んだり回ったりしないので横方向にしか曲面になっていない。(最近は球面のものもありますが)

スノーボード用…飛んだり回ったりしても視界が確保しやすい用に球面加工になっている。

最近では広い視野目的でボード用のゴーグルを使うスキーヤーもいます(球面加工は歪みで酔う人がいるので注意が必要)し、レンタルでは兼用できるようにボードウェアが使われていたりもします。(初心者スキーヤーは足を開くのでエッジガードが不要ですし防雪、防水、サイズの許容度、価格面でスノーボードウェアが有利なので)

基本的にはそれぞれ目的があって作られていますがどれをチョイスするかは人によります。
ブランドに拘る人はボード用メーカーでスキーするとかちぐはぐなコーディネートは嫌がるでしょうし実用性重視で敢えて自分の目的に合った物を選ぶのも有りです。

値段はスキーウェアの方が断然高い(特に技術戦モデルとかw)のでボード用で安価に揃える人も多いですよ。

ちなみに最も注意すべきはエッジガードです。そこを間違うと1シーズンのみの使い捨てになります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

non********さん

2019/11/3017:11:26

全体的にスキーウェアはシュッとした動きを魅せるためタイトな物が多く、ボード用はプロテクター類を仕込むためゆったり目が多かったけど、最近はそうでないパターンも出てきた。

スキーパンツは吊りズボンのサロペット型が多い。
ボード用パンツはベルトで保持する型が多い。
しかしスキー用でも肩ひもがない物や取り外しできる物もある。

スキーパンツの裾はエッジで切れることが多いので内側にエッジガードが付いている。
兼用型はエッジガードが内側から後ろ側まで回り込んでいる物もある。

スキーウェアは中綿入りで厚手が多い。ボード用は薄手が多く脇の下がファスナーで開いて換気する物もある。

ボード用ジャケットは袖口や裾に雪の侵入を防ぐ「パウダーガード」が付いてる物が多い。

スキーウェアのチケットホルダーは左腕に付いている物が多い。ボード用は付いていないか、ジャケットの左裾に付いていて、チラ見せしたりぶら下げたりするものが多い。

で、安価なモデルは兼用型が多い。

pwr********さん

2019/11/3015:38:11

雪遊びする上では同じ。
だけどスキー、スノーボードをするために細かい点では、スキー向け、スノーボード向けの細工やデザインに違いが有る。
メーカーによっても異なるし、メーカーによっては区別しないことも。
スキーヤーがわざとスノーボード向けのウエアを着ることも有るし、スノーボーダーがスキー向けのウエアを着ることも有るし。
もう好み次第でご自由に選んでくださいって感じ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jus********さん

2019/11/3014:04:10

動き、転倒、傷付き、ファッション性、価格帯などに差があるかも。

(ヽ´ω`)

御厨雛子さん

2019/11/3013:17:45

スキーウェア…細身でジャケットもパンツも短め。厚手。
エッジガードあり。肩ベルトあり。
スノボウェア…ゆとりのあるサイズ感でジャケットもパンツも長め。
薄手。エッジガードなし。防水性がしっかり。肩ベルトなし。
パウダーガードあり。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる