ここから本文です

デッサンについて。 授業で静物画のデッサンがあるのですが、1時間で一面が開かれ...

アバター

ID非公開さん

2019/12/201:50:47

デッサンについて。 授業で静物画のデッサンがあるのですが、1時間で一面が開かれた状態の白い箱と、かぼちゃや梨などの自然物を描くことになってます。

構図も自分で決める感じです。
紙のサイズはA3です。
鉛筆は2H〜4Bから7本程度、練り消しのみ。
少し前にも行ったのですが、構図が微妙と指摘を受けました。
他のことでも構いません。描く上で大切なこと、意識すべきことを教えてください。

閲覧数:
40
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hzq********さん

2019/12/202:18:06

箱について、影と奥行きをどう表現するかを気にする。
郵便ポストのように手前に蓋が開かれた構図にして、蓋による影と、奥に行くほど暗くなる感じを絵にする。
わざわざ白い箱にしてるのは影を描けってことなんかなと思うし。
梨とかも、ヘタのついてる窪んだ部分を見下ろす様に斜めから描いて、窪みを影で表す。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

Hanakoさん

2019/12/512:56:34

デッサンにおいて重要なのは「構図」、「光(明暗)」、「空間」です。

まず「構図」です。構図は作品の見栄えに一番影響するといっても過言ではないです。特に作品を並べて講評する際は遠目からの印象が一番重要ですから。
構図の取り方ですが、A4なら上は数ミリから1cmまでモチーフを入れて、左右はバランスよく入るように意識してください。見切れりほど大きく入れるのはだめですが、A4枠がスカスカになるほど小さく入れるのはもっとだめです。

次に「光」です。
デッサンは見たままを写す作業のように感じますが、素直に見たままを写しただけでは魅力的な作品にはなりません。そのままを描いたら明暗の差が小さくなり、全体的に淡くなってしまいます。そこで光の整理が必要になってきます。一番強い光を意識して鉛筆を乗せてください。

最後に「空間」です。簡単に言えばそのデッサンが立体的に見えればいいのですが、一番説明が難しいです。例えばストライプ柄の布がモチーフの下に置いてあるとします。その時画面に手前から奥のストライプをまったく同じ強さで描いたら平面的なデッサンになってしまいますが、手前と奥で差をつけてあげることにより立体感を出すことができます。

まだ上で説明した言葉が理解できなくても描いていくうちに理解できるようになります。頑張ってください。

fel********さん

2019/12/206:37:27

ボクは小学生でしゅが…

デジタル線画の神としゅて 絵画カテに君臨しゅる

“ボクは小学生”

東大 早稲田大 慶應大のいじゅれかの大学を卒業しゅている プロイラシュトレーターでしゅが…

シチュモンが漠然としゅてるじぇえ?

モチュイーフが決まらないと構図も決まらないじぇえ?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kl215985さん

2019/12/205:48:18

1時間と指定されているなら、逆算でペースとタスクを決める。

どこに何分かかり、どんな描き方をすべきか。

バカは逆算せず、急がなきゃと思うだけで、急いでない時と同じ描き方をしています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる