ここから本文です

内径40mm 外径50mm の筒(シリンダ内)で 外径40mmのピストンを200度で上下...

sug********さん

2019/12/611:52:18

内径40mm 外径50mm の筒(シリンダ内)で
外径40mmのピストンを200度で上下させます
出来るだけ筒とピストンのクリアランスは小さくしたいのですが

ピストンのストロークとシリンダ方向の芯は完全にあっているものとして
熱で膨張して金属同士が完全な擦り状態にならないように
熱膨張を考慮して常温でどの程度のクリアランスにしておけば良いでしょうか

色々熱膨張の計算を調べましたが、シリンダとピストンの場合の計算が難しく・・

計算方法やとっかかり等、何とかお知恵をお借り出来ればありがたいです

補足追記ですが
筒(シリンダ)もピストンも材質はSKD61です

閲覧数:
10
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yam********さん

2019/12/612:03:10

シリンダとピストンが同じ200℃なら、同じ材質なら同じ膨張率だから寸法関係は変わらない。

温度差をどう見込むかで変わってくる。

シリンダとピストンの温度差は?

  • 質問者

    sug********さん

    2019/12/613:02:33

    !
    そうなのですね
    筒状と、その中の円柱なので
    膨張率で変わると思っておりました・・

    温度は、筒の方で測定して200度
    また、筒側で急冷するので、筒の方が温度が下がっている状況があるはずなのですが
    中のピストンの温度は測ったことが無く不明な状態ですが高いはずと推測致します

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる