ここから本文です

金属の硬度は何によって変わりますか?

アバター

ID非公開さん

2019/12/1417:00:03

金属の硬度は何によって変わりますか?

体心立方格子のリチウムと鉄 タングステン
ではモース硬度はそれぞれ
リチウム0.6 鉄4.5 タングステン7.5 (wikiより)
と書いてありました 。ということは、
陽子の多さが関係しているのでしょうか?

陽子が自由電子を強く引きつけているため
傷がつきにくいみたいな?

しかし鉄より原子番号の大きなセシウムは
0.2と書いてありました。

高校化学の範囲で説明してくださると
ありがたいです。よろしくお願いします

閲覧数:
16
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/12/1514:12:23

人間の都合で定義したモース硬度という基準を
原子論だけ完全に説明できるのか?はわかりませんが
大体のところであれば・・・

同じアルカリ金属に属する、リチウム、セシウムは
価電子(最外殻電子)が1であり、軟らかい。


遷移元素に属する、鉄、タングステンなどの金属については
金属結合による結合エネルギーが硬度に関係している。
価電子だけでなく内殻電子、電子配置も関係する。
単純に原子の自由電子の数に比例するというわけではない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/金属結合
https://ja.wikipedia.org/wiki/電子配置

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/12/15 18:05:12

回答ありがとうございます

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる