ここから本文です

八村塁や大谷翔平はアメリカではどのくらい有名ですか?

アバター

ID非公開さん

2019/12/1007:55:47

八村塁や大谷翔平はアメリカではどのくらい有名ですか?

閲覧数:
104
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/12/1022:59:46

ワシントン・ウィザーズの八村塁選手は、ワシトンDCエリア(ボルチモアや一部バージニア州含む)のNBAファンの中では少し有名です。

ロサンゼルス・エンジェルスの大谷選手は、南カルフォルニア(オレンジ・カウンティ群)の一部のMLBファンの中では少し有名です。

以上です。

.... で終わりにしてはあまりに冷たい回答になるのでもうすこし補足します。

===
アメリカではインターネットによる情報の伝達能力は飛躍的に増加したものの、まだまだ伝統的なTVや地元球場で行われる試合でその選手を知ることが普通です。

というのは、アメリカでは"Blackout Policy"という概念があり、地元フランチャイズのプロ・スポーツチーム以外の試合を地元住民がTVで観戦することがかなり難しいからです。

(参照) MLB Blackout Areas/Blackout Policy
https://en.wikipedia.org/wiki/Major_League_Baseball#/media/File:MLB...

地元のローカル局(地上波、ケーブル両方)がTV中継するプロ・スポーツ試合はNFL、NBA、MLBともに地元チームのみです。
地上波TV(4大ネット局)が全米の視聴者向けにMLBの試合を生中継することはありますが、数でいうと年間合わせて10試合もありません。

これはどのプロ・チームも地元のチームはまず地元民にしっかりとTVで見て、球場で観戦して、あるいはラジオで聞いて、フランチャイズに根づいたチームになることがなにより重要だからです。

そうすると、たとえばその地域で生まれ育った子供は、たとえチームが弱くても、そのチームのファンになり、あるいはなんらかの愛着を抱くようになります。子供時代にこのような信仰?が植え付けば、それは大人になっても続きます。

だから、地元州の住民から見ると、他チームの選手は、たとえばタイトル獲得者の常連だとか、ここ最近何年もプレーオフに出ているチームのレギュラーだとか、偉大な個人記録を積み重ねたとか、破天的なサラリーをもらっているとか、こういった例外要素がないと、そもそも関心すら持たないのです。

下記ワシントン・ポストの記事では(長文ですが)、要はMLBの全米人気の凋落が止まらない傾向にあることと、MLBでもっとも知名度が高い人気プレーヤーの1人であろうロサンゼルス・エンジェルスのマイク・トラウト選手の全米での知名度はわずか22%しかないそうです。
---
Trout scored a 22 in Q Scores’ awareness category, Schafer said, which means a little more than one in five Americans even know who he is.
---
逆に言うと、全米の5人に4人は、マイク・トラウトの名をあげても、
”それって誰? 私は知りません。” という回答になります。
(ちなみにマイク・トラウトが全米に名を売る数少ないチャンスがある オールスター・ゲーム2019@クリーブランドは 視聴率がたったの5.0%でした)。

1980年ごろは安定して視聴率30%代を叩きだしていたワールド・シリーズさえ、最近は視聴率一けたが常連で、試合が第6戦、第7戦あたりまでもつれるとやっと10%になるといったあんばいです。


あともうひとつ。1980年代中盤まではMLBをTVで見ようと思えば、全米3大ネット地上波だけが中継していました。よってアメリカ国民はTV受信機があれば誰でも無料で試合を見ることができていました。

しかし2000年代になると、ヤンキースが高額な年間加入料を支払わないとヤンキースタジアムの試合が見られないYESというケーブルTV局を本格的にスタートしたのをかわきりに、現在ではドジャース、カブスなど10近いチームが同様の有料・独占専門ケーブル局を設立しています。
つまり、TVを買うことすらむずかしい貧困層はベースボールの試合が見たくても、自宅にTV受信機があってもMLB試合は見られないのです。

また最近の18~49才の層のTV離れは日本と同様深刻で、自宅にスマホはあってもTV受信機はないという家も少なくありません。

このような状況が重なり、MLBで全米クラスで、その選手の名前を聞いただけで、
”あ~その選手なら知っているよ。Tvで見たこともあるよ。”
となる選手の数は激減しているが今のアメリカです。


よって、日本の大手メディアがしばしば
「全米中が大谷の活躍に大熱狂」
とか取り上げる記事は、そのほとんどすべてが、トランプ流で言うと、
「ウソとでっちあげのフェイク・ニュース! (笑)」
となります。


まぁさすがに、NBAだとレブロン(LA・レイカーズ)とかステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)。NFLならトム・ブレディ(ニューイングランド・ペイトリオッツ)級になれば、全米での地名度はもっとあがるはずですが。


(参照)
https://www.washingtonpost.com/sports/baseballs-dilemma-mike-trout-...

MLB All-Star Game hits record-low yet again
https://www.sportsmediawatch.com/2019/07/mlb-all-star-game-ratings-...

ワシントン・ウィザーズの八村塁選手は、ワシトンDCエリア(ボルチモアや一部バージニア州含む)のNBAファンの中では...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

idb********さん

2019/12/1218:09:15

どちらもスポーツに関心の無い層には知名度は殆どないでしょうね。
アメリカは日本のように活躍した選手を翌日全メディアが一斉報道して昨日まで無名だったのに一気に全国の人気者という現象は無い。
国土は広いし日本のように東京のTV局が全国のお茶の間を支配してるわけでもない。
なおかつスポーツに興味ある人でも地元のチームにしか関心を寄せない。

で、この2人の知名度は実際どのくらいかと予想すると大谷はメジャー移籍、デビューの際には全国区のメディアで結構大きく扱われてたので熱心なスポーツファンなら聞いたことはあるかもしれない。
八村もカレッジバスケで全米中継される試合に出てたので熱心なバスケファンには大学時代から知られていたかもしれない。
ただスポーツ好きなら誰でも知ってるようなレベルでは2人ともまだ無いです。

それとマイク・トラウトは一番知名度の高いMLB選手ではなく一番成績の良いMLB選手だと思います。おそらく知名度ならトラウトよりメディア露出の多いブライス・ハーパーや長年活躍してるミゲル・カブレラのが上じゃないかな。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる