ここから本文です

もし、第二次世界大戦末期、日本がヤルタの密約を知っていたら、どうなったのです...

アバター

ID非公開さん

2019/12/1507:31:08

もし、第二次世界大戦末期、日本がヤルタの密約を知っていたら、どうなったのですか?

対ソ連戦に備えて北方の戦力を強化したのですか?それとも、降伏が早まったのですか?

閲覧数:
23
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mat********さん

2019/12/1521:46:56

なんにも変わりません。

実際、ソ連から「中立条約を延長しない」と通告されても、軍部は「まだ期限が一年あるから大丈夫」などと思いこんでいた。破棄を通告されても残り時間にすがっているような連中では密約を知っても何も活かせないでしょう。

1945年のドイツ降伏後、日本の軍部は中立条約だけを頼りに「ソ連を抱き込んで、連合国と講和する」という愚かな計画を立てていました。
外務省は「そんなこと出来るわけがない」と思いながらもこれを利用して一気に終戦に持ち込もうとしていました。

しかしソ連は日本の大使館や外交官を秘密警察の監視下に置いており、とてもソ連を利用する外交など不可能な状態でした。

そして1945年4月にはソ連はヤルタの密約に従い、日本に中立条約の破棄を通告しています。外務省はこれは早晩、日本へ参戦すると誰もが考えたといいます。
また満州の日本軍からもシベリア鉄道で極東ソ連軍が急激に増強されている。という報告が上がっていたといいます。

つまり実際の対日参戦の4ヶ月も前から参戦は誰もが予想していたのです。

ところが敗戦によって責任を問われることを恐れた軍部は「まだ中立条約の期限は一年ある」と残り時間にすがりついた。
満州の部隊からは危機を訴える報告が上がっているのに、「ソ連は残り時間の間は攻めてこない」という勝手な妄想を根拠に本土決戦を叫び続けたのです。

当時の軍部の勝手な妄想と、それに引きずられてまともな外交も出来ずに破滅へと転がり落ちていった日本の姿が以前のNHKスペシャルで描かれています。
https://www.youtube.com/watch?v=6Ob8tRQolHg&t=2016s

外務省や前線の部隊からも危機を訴える報告が上がっているのに、責任を逃れるためにそれを無視するような無責任な軍部では、ヤルタの密約の情報など無視されていたでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mam********さん

2019/12/1515:37:00

密約を知っていても、特に変わらないでしょう。

1億玉砕!ですから。

shi********さん

2019/12/1509:43:42

「日本が知っていたら」が、日本のどのレベルで知れ渡っていたかによるでしょう。
上層部で共有されていたのなら、ソ連仲介という夢物語が破断するのでその分降伏は早まったと思います。

ail********さん

2019/12/1509:02:33

無視しました。
故意に漏洩し、打電させています。
米国の機密文書公開で事実と分かりました。
打電者の名前も明らかになっています。
今は何故、無視したのか?
議論対象です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる