ここから本文です

日本製ボードと海外製ボードの違いについて 色んなスノーボードショップで日本製...

アバター

ID非公開さん

2020/1/717:38:45

日本製ボードと海外製ボードの違いについて
色んなスノーボードショップで日本製の特にオガサカ製のものは海外製より優れている。
salomon、burtonの板は輸入費やブランドバリューがほとんど

なので、モノはすごく悪いと言ってる店員が多いんですが、
知恵袋ではそもそも日本製と海外製で優劣を付けられないとか、日本製が国内スキー場では有利とかは関係ないという話も多く、
日本製のボードを高い費用出して買うメリットはどこにあるんだろう?と疑問を感じています。

材質は原価の違いでburton、salomon等の海外製よりもNovember、011等の日本製のほうが良いのかなとは思うんですが実際滑ったらその板が日本製か海外製か上手い人ならすぐわかるものなんでしょうか?

閲覧数:
218
回答数:
9
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Yoshiさん

2020/1/823:50:21

違いという話で言えば海外モデルは日本人の体格に合わしたラインナップが少ない。
例えば背の低い女の子が扱える板を探していけば国産の方が選びやすいかなと思います。
品質に関しては海外品でも日本の正規代理店で購入したもので粗悪品に当たることはバートンやサロモンなどでは無いと思います。
長くやってきて国産も海外品も、もちろん、サロモンやバートンも乗りましたが、同じクラスの板ならどれもそんな優劣はないと感じます。
国産モデルは国内の流行のスタイルに敏感に合わせてくるとかはあります。
グラトリ特化な011なんかその類です。

なので単純に好みの問題ちゃいますかね。

国産ボードが高いのは文字通り国産で製造コストが高いからであって必ずしも全て高級素材で出来てるわけではないです。

実際たくさん乗って思うのはバートンはいい板を作る。
ウッドベースのコアでは間違いなくトップブランドだと思いますよ。
ばらつきがあると見かけますが、同じ新品で同じメンテナンス、同じセッティングで乗り比べた人が果たして何人いますかね?

物がすごく悪いと言う店員さんがどれほどかはわからないですが、本当にちゃんと乗れる人なのか疑問ですね。

あと国産だと国内ゲレンデで有利、、なんて事はまずないですね。

ちなみに今は国産のTOTOに乗ってます。
クソ高いですが、当たり前に良い板です笑

要は試乗してみて自分が気に入ったのを買うのが一番です。
欲しいのが海外品であったか、国産であったかだけの話しじゃないですかね。

  • Yoshiさん

    2020/1/900:12:49

    追記 国産は確かにいいソール素材を使ってるモデルが多いです。
    番手で表されることが多いですが、
    ISOとP-TEXでは表記数字が全然違うので数値番手だけで判断しないようにしましょう。
    ISO9000クラスがP-TEX4000くらいかな?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2020/1/819:39:20

日本製と海外製と言う大きなくくりでは回答し難いです。

日本製の板には安売りを前提にしたブランドが無いので同レベルの素材を使った海外製の板と比較するならどちらを選んでも良いと思います。

このレベルの板はダリングやべべリングなどは購入した人の好みで仕上げるのを前提で作られています。

9月か10月に板を買ってチューンナップに出して11月になったらホットワックスを入れては剥ぐを繰り返して仕上げを行い12月になったら滑り始めると言う使い方をしてくれるユーザー向けの板でチューンナップ前提の板ですからどちらを買っても変わらない事になります。

その下のレベルの板になるとエッジが鉄になり柔らか過ぎてチューンナップに出してもマシン研磨が出来ないとか滑走面にワックスが染み込まない素材を使っているタイプになって行くので同じ土俵で比較する事が出来ません。

良い素材を使っているモデルでも海外製の方が値段が安いですから気に入ったら海外製の方が良いと思います。

ただ日本製も海外製も値段が高い板は数年おきにチューンナップに出して3回滑りに行ったらホットワックスを入れる事が出来るスペースや道具が有る人でないと本来の性能は出せません。
育てて行く板なので面倒くさいと思う人は買わない方が良いです。

ホットワックスをかける設備が無く1シーズンに10日ぐらい滑る人なら1つ下のレベルの海外製の中に板の心材もエッジの材料も良い物を使っていて滑走面がワックスが入らない物を使っているモデルが有ります。
1回チューンナップに出してダリングとビベリンクをしてもらえばスプレーワックスさえ吹いておけばほぼメンテフリーで使えて更に値段も安いです。

その下のレベルになると何もしなければエッジが錆びてしまうモデルになりますからジブメインで2年ぐらいで買い変える人には良いかもしれません。

使う人の目的と環境に合わせて気に入った板を選んで下さい。

san********さん

2020/1/815:46:51

カナダのCoilerというメ-カ-の仕上がりは
思わず「日本のメ-カ-??」と思うくらいの
恐ろしく仕上がりより良いよ。
完全フルオ-ダ-で価格も安い。
あとの海外メ-カ-はイマイチかダメだったけどね。

sno********さん

編集あり2020/1/810:42:04

国産にほしいものがあれば買えばいいので、メリットなく需要。

私は俯瞰的に見て国産品だから品質がいい、なんてのは全く思いません。体感的に皆無です。
同レベルの板でも販売は一万から三万は高いですね。
海外製品は質が悪くてチューンだすのが必須と言っているお店のマーケティングにも関わらず基本的には国産買って初期から出してる人をよく見ます。こだわっているのだからそうゆう人が多いのは理解できます。ただそこまでしてそのパフォーマンスだとがっかりするのがその数見ているかな。

板の値段は、質がいいから高いわけでは無いので別の話ですね。

2020/1/809:38:56

私も基本的には国産ボードを勧めます。

snowing_go_goさんも言っている通り、製品の仕上がりにブレが非常に少なくて、精度も高いからです。
海外産のスノーボードは、実際ソールが全然フラット出ていなかったり、エッジも歪んていたり平気でします。

私は海外産のスノーボードを勧める場合は基本的にSalomonを勧めます。
何故でしょう、最近サロモンは仕上がりが良くてクオリティも高いです笑

けど、Burtonは値段に釣り合うだけのクオリティは持っていませんし、個体差がすごく激しいです。
プロライダーの方々が使っているボードは、おそらく仕上がったものロットの中で、自分が気に入ったクオリティや出来栄えのものを選んでいるのでは?というくらい、個体差がすごいです。

まぁその他色々、手間とお金のかかることをしているのですが、書き始めるとキリがないので、これくらいにしておきます笑

mih********さん

編集あり2020/1/722:35:50

ホットワックスをする時、
板が歪んでいるのか、どうしても上手く
塗れない場所があります、burtonは。
(estのレールの部分が凹んでる。単なる個体差かな?)

オガサカ、yonexのsmoothは綺麗に塗れるので
作業していて気持ち良いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる