ここから本文です
22

ベストアンサー以外の回答

16〜21件/21件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kas********さん

2020/1/1218:32:08

どちらと言われても・・・。
一口に登山と言っても、ピクニックやハイキングに毛を生やした程度のものから、一歩間違えれば即で死に繋がるものまであり、一括りにするには余りに幅が広いです。
それに、十分なスキルや装備を持った上で山に行くのか、富士山のニコ生放送主みたいに十分なスキルと装備もないままに山に行くのとでは、かなり差があると思います。

十把一絡げに論じようとするのは、結構違和感があります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

aaj********さん

2020/1/1217:08:40

どっちもどっち、ちゃんと準備して危険行為などしなければ大した危険はない。逸脱したところで危険になる。
むしろ危険と言いだしたら、何でも危険。どんなものでも安全100%なものなどない。管理されてる遊園地でも死者は出てる。

2020/1/1217:05:41

どっちも程度問題だと思います。

高尾山(ケーブルカーもある東京近郊の観光地)に
登る程度の登山と、
デスゾーン(標高8000m)を踏破するような
ガチなエキスパート登山とでは、
危険度は雲泥の差なのと同じように、

常識的な交通ルールの下で走る、
ツーリング程度のバイク趣味と、
「何人も俺の前は走らせねぇ!」と
狂ったように峠をぶっ飛ばすのとでは、
まるで危険度が違います。

知識と経験、賢明な判断力を持って行えば、
ガチ登山も、サーキット走行も、
充分安全に楽しめると思いますよ。

bas********さん

2020/1/1217:00:52

どちらもやりますが、大きなダメージに遭う確率はバイクの方が高い気がします。
そして自分で注意してても危険な目に遭うのも、バイクだと思いますよ。
貰い事故とかね。
登山は外的要因での危険はそれほど高くないので。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gen********さん

2020/1/1216:50:32

登山。∵自然にはどうあがいても太刀打ちできないし。

◯chanさん

2020/1/1216:50:04

どちらか?!と言えば
どちらも危険ですが、

バイクですね。
バイクは自己防衛のしようがないです。
いくら安全運転しても
相手がいるので無理です。

わたしはバイクに乗って居ますが、いつも死を覚悟して乗ってます。
ライダーは常にその覚悟と思います。

登山はしませんが、登山家も同じ覚悟だと聞いた事があります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる