ここから本文です

贏政が秦王に即位した時点では、既に秦の天下統一は既定路線だったんですか?

ren********さん

2020/1/1911:35:40

贏政が秦王に即位した時点では、既に秦の天下統一は既定路線だったんですか?

閲覧数:
55
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

みーさん

2020/1/2020:47:46

違うと思います。

秦王政が統一戦争に着手したのは、成人後(秦王政11年)からです。李斯に「天下統一しましょう。」と言われた後です。おそらく呂不韋は攻撃的な人ではなかったようで、呂不韋が相邦の間は、秦は大きな戦争をしませんでした。秦王政の初期には蒙ごうとひょう公が戦争をしましたが、蒙ごうが死ぬ頃(紀元前240年)以降、秦王政が成人するまで秦は大きな戦争はしていません。逆に趙のほうけんの五国の合従軍に攻め込まれたり、せいきょうの反乱があったりしました(呂不韋が対処したようです。)

秦王政が成人した二年後、おそらく秦の国内が落ち着いたのでしょう。最初に大規模に攻撃したのは軍事が得意な趙でした。あつよとぎょうを取り、平陽を取って、10万人の趙人を虐殺したまでは良かったのですが、その後、趙の李牧が趙の軍の総司令官に任命されて、秦は奪った領土(ぎょう)を取り返されて追い返されてしまいました。趙に勝っていればこの趙戦が統一戦争の始まりになるところだったのですが、李牧がいたために5,6年間勝てませんでした。

そこで、秦王政は軍事があまり得意ではないと思った韓(というか、韓に秦の太守を派遣して、王の権限は縮小されていた。)を10万の兵で征服しました。これが、統一戦争の初戦です。趙は韓の次に滅ぼされました。

それから10年で6国を滅ぼして、天下統一しました。

ということなので、秦王政は、成人もしてない子供の内から「秦が天下統一するんだ。」などと全く考えていなかったと思います。

キングダムは少し読みました。中国史でたまに質問されるので。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

goo********さん

2020/1/1915:42:38

時代の流れから言ってそうでしょうね。秦国内では商鞅の改革や鄭国の運河掘削などによって国力が急激にアップしています。

秦は政の絶対君主化で良くも悪くも国が一つにまとまりましたが、他のライバル六か国は内部の政争で自ら国力を低下させていった感がします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる