ここから本文です

Abs 0.1% (=1 g/l) 1.444, assuming all pairs of Cys residues form cystines ア...

osi********さん

2020/1/1922:02:05

Abs 0.1% (=1 g/l) 1.444, assuming all pairs of Cys residues form cystines
アミノ酸の吸光度をツールに入れて求めたところ、このような結果になりました。1.444が吸光度係数でいいのでし

ょうか?それと、ABS(吸光度) 0.1%とは、どういうことでしょうか?

閲覧数:
20
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

web********さん

2020/1/2220:15:46

タンパク質の解析ツールにデータをインプットした結果についてのご質問と思い、お答えいたします。
1.444は吸光度(A, abs : absorbance)で、吸光度係数(吸光係数, モル吸光係数, molar absorption coefficient, molar extinction coefficient 記号 ε)ではありません。吸光度係数 ε は通常、10,000~30,000 くらいの値が多いようです。
Abs 0.1% (=1 g/l) は 『0.1% の濃度のタンパク質溶液の吸光度(A )は1.444である』 ということを示しています。 なお、この場合のA=1.444はシステイン残基のすべてがシスチンになっていることを仮定した場合の吸光度 です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる