ここから本文です

60年ほど前のアマチュア無線家のQSLカードをメルカリに出品しようかと思います。 ...

アバター

ID非公開さん

2020/1/2017:16:09

60年ほど前のアマチュア無線家のQSLカードをメルカリに出品しようかと思います。
法律的に大丈夫なのでしょうか?

閲覧数:
71
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gogocbf125さん

2020/1/2017:28:51

法律的な事を言うなら、証明書の類は所持者ではなく発行者に所有権があるので、QSLカードの持ち主が勝手に処分するのは違法行為です。QSLカードは単なる絵はがきや信書ではなく、一応「交信証明書」ですからね。

ただ、誰もそれを問題視することはないと思いますが…。

アバター

質問した人からのコメント

2020/1/21 11:39:08

皆様のご回答ありがとうございました。

様々なご回答大変参考になりました。

念の為出品は控えておこうと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bak********さん

2020/1/2109:02:58

ちょっと前にヤマト運輸がQSLカードは信書だ!として扱いを中止した経緯があるんだけど、郵政も信書という判断らしいが、信書って公開していいものなのかな。まぁ雑誌でも出ているから良いのか。

tibisetujijiさん

2020/1/2108:55:20

自分の思い出のQSLカードをメルカリに出品して売るんだ。
アマチュア無線にそんなに愛着が無いんだ。
何のためにアマチュア無線をやってたのやら、私なら絶対に売りに出したりしないね思い出がいっぱい詰まっているもんね。60年も前なら国家試験を受けるのに散々苦労したりアンテナをどうするとか、色々あったろうにネ。残念だね。

maj********さん

2020/1/2020:14:04

法的には問題無いと思います。資料的な価値がかなりあると思います。
JARLに相談してみては?
資料として残して欲しいです

JH8VVNさん

2020/1/2019:01:18

QSLカードを購入したい人がいるかどうかは疑問ですが、gogocbf125さんの回答のとおり交信証明書ですから、メルカリなどに出品して交信もしていない人が交信したように装って、アワードなどの申請に使うと詐欺となる可能性があり、あなたもほう助したと疑われるかもしれません。
個人情報保護法を引っ張り出している方がいますが、個人情報保護法は個人情報を取り扱う企業や団体などの個人情報取扱事業者に対して取り扱い方法を義務付けしているのであって、個人を規制している訳ではありません。

top********さん

2020/1/2018:59:59

ネット(Blog等)で他局のQSLカードのコールサイン部分を出すだけでも問題になる時代ですから、住所、氏名などを記載している国内局のカード発行者の中には嫌な思いをする局もある程度はいると考えます。たとえ60年前のものであっても。(サイレントキーになっている人が多いとは思いますが) DX局ならまあ・・
それよりも、たとえ珍局でも他局同士が交換したQSLカードをフリマなどで買う人がいるのかどうかが疑問だと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる