ここから本文です

デュエルマスターズのブラックボックスパックで登場した「英知 ザクス・コット」は...

アバター

ID非公開さん

2020/1/2606:53:32

デュエルマスターズのブラックボックスパックで登場した「英知 ザクス・コット」は「場を離れる時」の効果で進化元のシールドトリガーを使用できますが、

なぜ手札やデッキなどの非公開領域に行く場合はそれが発動できないのですか?

閲覧数:
27
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

orionさん

2020/1/2822:43:18

「正解」をそのまま言い当てられておりますが、、、

それが非公開、裏向きだからです。

ルールに従ってゲームを行う以上、
我々プレイヤーは裏向きのカードに対して「参照」することができません

表向きカードがあれば、
それが自分であれ相手であれ、
両者は双方の表向きのカードを「参照」することができます

「参照」できるできない、によって
ゲームそのものが縛られていもします

ご質問の、
シールドやデッキのカードを手札などに加えたときに、それを発動できないのか、

これも「参照」が関わってきます

例に、
自分が裏向きのシールドをブレイクされ、そのシールドを「参照」するとき、
このカードはまだ〈シールド〉ですが、このままトリガーが発動しないのであれば、〈
手札〉に移行します

シールドが手札に移ったあとでトリガーを発動する事はできません
なぜなら相手が「参照」できなかったからです

自分がそのカードをいまシールドから手札に加えたカードをだと知っていても、
相手は既に裏向きになったカードのことはわかりませんので(たとえ手札が1枚であったとしても)、
ルール上相手には「参照」できなかった以上知り得ない事です

もうひとつ例を挙げましょう

自分の手札に革命チェンジ水のクリーチャーがいるとし、
自分のバトルゾーンに5コストのラムダがいるとします

ラムダの能力がメテオバーンでこのクリーチャーの下にあるカードを一枚墓地に送る事でデッキから3枚カードを引いてきます

革命チェンジの宣言はチェンジ対象のクリーチャーの攻撃宣言時、革命チェンジをします

このとき、
ラムダで攻撃宣言時に革命チェンジ宣言を忘れて、メテオバーン効果の処理が終わった後で、革命チェンジ宣言をする事は可能でしょうか?

否、できません。

なぜなら、
革命チェンジのルール裁定上、チェンジ対象クリーチャーが攻撃するとき、革命チェンジ宣言で相手に手札の革命チェンジクリーチャーを「参照」させなければ、
革命チェンジが成立しないからです

ラムダの攻撃時メテオバーンで3枚ドローした後で、攻撃能力で引いた革命チェンジクリーチャーなのか、元から手札にあったのか、
わからないからです

攻撃能力処理後に出す事できないのは、
相手が「参照」できなかったからです

非公開、裏向きのカードを自発的に使えないのは、
ゲーム記録上で、不正を防止したり、正しくゲームを行うことを前提としてのルールです。
まあ、不正防止が第1の鉄則事項だと思いますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる