ここから本文です

2020年代は、レアル・マドリードもバルセロナも2010年代より弱くなって、イングラ...

アバター

ID非公開さん

2020/1/2611:34:13

2020年代は、レアル・マドリードもバルセロナも2010年代より弱くなって、イングランド・プレミアリーグ一強の時代がやって来ますか?

閲覧数:
31
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sgd********さん

2020/1/2900:19:31

このままいけばプレミアでしょうね。

リーガは確実に衰退してます。レアルの三連覇はまだ一年前なんで、レアル自体はそんなすぐには落ちたりしないと思いますけど、バルサはかなりまずいですね。メッシ引退後どぉなるか、、、

セリエAは他の回答者の方同様、復調してきているので今後が楽しみですね(^^)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kaz********さん

2020/1/2900:33:51

サッカーから少しズレるがイングランドはEU離脱がどうでるかもある

経済が安定すれば良いが波が悪くなったら当然経済に影響はあるわけでそれはフットボールも例外じゃない

サッカー誌以外も目を通したら見えてくるかもね

oif********さん

2020/1/2612:21:28

リーガ、プレミア、セリエAの予想したいと思います。

まずリーガ。
レアルは知りませんが、バルサは間違いなく弱くなるでしょうね。
あとスペインのフットボールは少し衰退し始めているので、リーガは下手すると今のセリエAみたいになっているかも知れません。
セリエAも10年前まで世界最高峰のクラブでしたが、財政難の問題もあり衰退していきました。
今のリーガにはその前兆が見られます。
強いバルサはもう見られなくなるかも知れません。

次にセリエA。
こっちはだんだん復興するでしょう。
1度は財政難に苛まれ、とてつもなく衰退してしまいましたが、今は中国やアリメカの資本介入が見られやや財政に余裕が出てきました。
インテル、ミランが中国資本に買収されたのは有名な話ですよね。
最近Cロナウドやイブラヒモビッチ、リベリーがセリエAに移籍しましたが、それはセリエAのクラブに財政の余裕が出てきた証拠です。
ユベントスの一強時代は終焉を迎えるでしょう。

最後はプレミア。
リヴァプールはあと3年もすれば、化け物3トップに加えファンダイクは全員30代になります。
マネやファンダイクのような現代フットボールの申し子とも言える選手は、後釜として連れて来るのは難しいでしょう。
リヴァプールの未来は後釜確保にかかっています。
プレミアは人気上昇中で、フットボール選手の中でもトレンドになっています。
ですのでまだまだこれからレベルが上がりそうです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる