ここから本文です

https://response.jp/article/2020/01/27/331100.htmlからの引用です。

えっ!さん

2020/1/2715:21:34

https://response.jp/article/2020/01/27/331100.htmlからの引用です。

可変圧縮ターボエンジンは、「またこの技術は、燃料消費量と排出ガスの大幅な削減、騒音や振動レベルの低減など、多くのメリットがあり、既存のエンジンに比べ軽量かつコンパクト設計としている。」

リンク機構とか部品が増えて複雑になるのにどうして軽量かつコンパクトになるのか不思議でなりません。

可変圧縮の「新世代の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジン」は「V型6気筒ガソリンエンジンに匹敵するパフォーマンス」と書いています。つまり4気筒のVCターボエンジンは、6気筒のノーマルエンジン並みでしかない。と、言う事ですよね。

閲覧数:
16
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

k_f********さん

2020/1/2819:19:39

えっ!さんへ

本流からの回答じゃ無いんで何ですが。。。(^^;)

>リンク機構とか部品が増えて複雑になるのに
>どうして軽量かつコンパクトになるのか不思議でなりません
ですよねぇ(^^;)

褒めなきゃ(持ち上げなきゃ)記事に成りませんから、よいしょ〜と掛け声を掛けてあげたら良いんじゃないでしょうか。d(^o^;)

* * *

このエンジンについては、以前にこんな回答を書いてみています。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q112061288...

まあ、「本当に売っちゃったんだなぁ。。。」という感想でしかありません。d(^=^;)

>4気筒のVCターボエンジンは、
>6気筒のノーマルエンジン並みでしかない。と、言う事ですよね。
現状だとどうだか判りませんが、発展したら過給圧次第、に成る可能性も有ります。d(^^;)
但し、過給が効けば効く程、燃料冷却するしか無いんじゃないかなぁ。そう成った時の燃費劇悪を、どれだけ許容して貰えるか、でしょうねぇ。

これがもし、圧縮比は可変機構で連続的に下げて行っても、高膨張比を維持したままに出来る構造なら、燃料冷却は最少、もしくは無しで済ませられます。から、話は大きく変わって来ます。

そしてそれは、既に特許が成立して随分経ちます。
発案者はこのお方(-人-)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%BC%E5%9D%82%E5%BC%98


何でこんな構造を新作したのかなぁ〜、、、ですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kit********さん

2020/1/2715:51:58

凄いエンジンかもしれないが、日本では認可されてないんですよね。
排気量が変わるから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

伽羅さん

2020/1/2715:41:52

直列とV型では、V型が優れています。
そのV型ではなく、直列で気筒数が少なくても、それに匹敵するパフォーマンスであると言う事です。
https://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/vc_turbo_engin...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる