食べ物と家庭での工夫や努力についてお伺いします。 あなたが家庭レベルで行った 「美味い」 「安い」 「お手軽」 の両立を目指して工夫をした成果を何かを語ってください。

料理、食材 | お酒、ドリンク48閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(3件)

0

先ずは「安い」「お手軽」を排除したことです。 ・野菜は「干し野菜」にして保存する、干物なども自家製で作る ・家電などに頼らない ・「旬」のものをできる限り多用して、バラエティー豊かなレシピにする ・冷凍専用庫を導入する などです。 我が家には、きっとあなた様が見たことも聞いたことも無いような調理器具があります。

0

早起きです 朝のうちに夕飯のある程度の下ごしらえしてから仕事に行きます そうすると帰り道のスーパーで余計なものを買わなくなります 今日はもうハヤシライスができてるからまっすぐ帰ろうってなります。 お腹すいた夕方にスーパーに行ってから献立を決めるとなると必ず買いすぎるんです。

0

お野菜は自分の畑から。 魚介類はすぐ近くの海から。 なので安上がりと言えば安上がりです。初期投資?別にすれば。 お野菜の中でも簡単、時短、なのは、 切るかちぎって、袋に入れて塩入れて揉む、浅漬けです。 お魚は刺身、塩焼き、意外に小魚は丸干ししといて食べるときあぶるかチンするだけ。 貝はレンチンでとても美味しく、 海藻は刺身か干しといて何かのお料理にぱらっと入れるだけ。 時短楽チンはたくさんあります。