ここから本文です

競馬について。

アバター

ID非公開さん

2020/2/316:06:13

競馬について。

何故ダート戦は高齢になっても活躍出来るのですか?

閲覧数:
39
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ezx********さん

2020/2/421:31:24

主な理由はニつあると思われます。
一つは芝馬というのは基本的には3歳クラシックを目標に仕上げられるので相対的に早熟馬が多いのです。 更に血統も仕上がりの早いアメリカ血統の馬が多いのです。
これに対してダート馬というのは3歳クラシックという大目標がないので早熟性もあまり問われず血統も芝馬と比較すると欧州血統が目立ちます。
例えばゴールドアリュールの血統は母方がヌレイエフ×ニジンスキー系×ヴェイグリーノーブルという欧州色の濃い配合となっています。
もう一つは芝とダースのレースを比較すると芝の方が走るスピードが速く馬の身体に蓄積するダメージも大きいので生涯消耗度が早まります。
この二つの理由によってダート馬は高齢まで活躍出来るのだと推測されます。

アバター

質問した人からのコメント

2020/2/7 22:30:03

ダメージ蓄積度が説得力がありました。
他の回答者の皆さんもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

さん

2020/2/618:07:18

いろいろありますがまず日本の高速馬場の芝よりもダートのが脚に優しい。
また種牡馬としての価値もダートよりも芝のが上というのも大きい。
また賞金的にもダートのが低いのでレベルが低いので消耗度も少ない

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2020/2/320:39:05

馬のスピードは瞬発力×持久力により決まりますが、加齢により衰え易いのは瞬発力の方です
ダート戦に於いては平均的なスピード、持久力に優る馬が強いので瞬発力が衰えても充分に勝負が可能なんですね
これは人間でも同じで瞬発力が必要とされる短距離ランナーのピークは25~30歳ぐらいですが、持久力が必要とされる長距離・マラソンランナーの場合は30~40歳代でも活躍する選手が多数います(^_^)

プロフィール画像

カテゴリマスター

chimpenzeeさん

2020/2/316:14:47

日本のダートはスピード勝負になりにくいからです。
そしてスピードの成長は競走総合研究所の研究によると4.25歳~4.75歳でピークとなりその後ゆっくり衰えるそうです。

まぁ、あとはダート馬は種牡馬としての価値が低いので引退させないというのも大きいでしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる