ここから本文です

「本を読んだ」というのはどのレベルから言えるのでしょうか?

pwb********さん

2020/2/400:24:48

「本を読んだ」というのはどのレベルから言えるのでしょうか?

昨日、ドラッカーという人が書いた本を読み終えました。

全部読み切ったものの、所々に難しい記述もありました。

経営学の本でしたが、キルケゴール、プラトン、マルクスなども登場しました。

自分には知識不足で、飛ばし読みせざるを得なかった部分もありました。

「この本を読んだ!」というには、全ページの全文章を完全に理解して論説できるレベルではなければならないでしょうか?

閲覧数:
55
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yam********さん

2020/2/401:12:52

なかなかいい本を読んでいますね。

それに、ドラッカーの通俗本ではなく、ドラッカー本人が書いた本を全て読んだと。

「キルケゴール、プラトン、マルクスなども登場しました。自分には知識不足で、飛ばし読みせざるを得なかった部分もありました。」

ここなども非常にいい入り方をされているなと思いました。

答えから言うと「全ページの全文章を完全に理解して論説できるレベル」なんて目指す必要は全くありません。そんな専門家もいません。

それぞれにわかる範囲でやっています。そういう完全な理解は存在しない、専門家も言っている事がマチマチだというのがこれから見えてくると思います。

あなたが全部読んだというのなら相当凄い事ですよ。素晴らしい。

でももちろんそれで理解できるのかという問題ですね。

ドラッカーという人は西欧の教養人の系譜を継ぐ人で、今はマネジメントの創始者という事になっているけど、本質的にヨーロッパの知識人の系譜だと思います。

だからこそプラトンとかキルケゴールとかが出てくる。ちなみに、ハイゼンベルクという科学者はプラトン読んでる時量子力学の理論思いついたから、プラトンとかそういうのは西欧人の知的源泉なんですね。

ここから進む方向としてはドラッカーをより深く理解する為に、ドラッカーが影響を受けた人、例えばキルケゴールについて読んでいくとか、プラトンについて調べるとか、ドラッカーの生涯について観察するとか、そういうのがいいんじゃないかと。

傍観者の時代ってありましたよね? あそこに出ていた人を調べていくのも面白いかと思います。また、ドラッカーはナチス批判をしていたから、ナチスというものがなんであったかを考えていくとか。

そういう方向に多角的に読んでいくのがいいんじゃないでしょうか。とりあえずドラッカー全部読んだというのならそれは誇りに思っていいと思います。理解していくのはこれからという事になるのではないかと。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bka********さん

2020/2/414:52:08

そんなこと知って何がしたいのか
そこを吐露してくれないと答えようがない

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる