ここから本文です

高名なクラシックのピアニストや指揮者でも一流のジャズは分かるものですか?

くま弁慶。さん

2020/2/517:25:03

高名なクラシックのピアニストや指揮者でも一流のジャズは分かるものですか?

閲覧数:
279
回答数:
13

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2020/2/718:30:10

分かると思います。
JAZZとクラシックとは、音楽におけるアプローチや考え方が違うと思うのです。
私は、クラシック音楽は、作曲者の意図を汲んで、その構築された曲に寄り添い尊重した上で、演奏者の解釈により作曲者の意図を汲んで演奏するものだと思います。
JAZZは、作曲者が提示した曲を、演奏者が自分の感性で自由に分解して、新たな曲を創造しながら演奏するものだと考えます。
つまり、極端にいうと、一合一会の瞬間で生まれるものだと思います。
なので、題材(モチーフ)はクラシック音楽の曲から採り入れることもあります・・・ヨーロッパ系JAZZの「オイゲン・キケロ・トリオ」「ジャック・ルーシュ・トリオ」など
私はクラシック音楽には、クラシック音楽の良さがありますし、JAZZには、JAZZの良さがあると思うのです。
クラシックの曲をモチーフにして、JAZZ風にアレンジした演奏がありますが、ただ、原曲に対して良くなったか、損ねたかどうかは演奏者の感性や腕次第ですが、どうでしょう?
バッハの「G線上のアリア」を、ピアノトリオによる演奏がありましたので、評価は如何でしょうか?
個人の趣味の問題ですがね・・・^^;
①オイゲン・キケロ・トリオ
⇒【https://www.youtube.com/watch?v=n_LtzXR77tI
②ジャック・ルーシュ・トリオ
⇒【https://www.youtube.com/watch?v=14AhD3xdoMk

以前、サムちゃんから教えて頂いた『ベートーヴェンはJAZZの起源である!』
から、【ピアノソナタ32の2楽章】ですが、
⇒【https://youtu.be/7U726VrX-U0?t=31729
これは、初期のニューオリンズジャズの「ラグタイム」に、フィーリングが似通っていると思います。
(シンコペーションを巧みに使ったところですが・・・)
③スコット・ジョプリン (Scott Joplin )
⇒【https://www.youtube.com/watch?v=r1yqBt-PkT4

今までの拙い経験からまとめてみますと、
一流のクラシックピアニストは、当然ながらリズム感もあり、変拍子にも乗っていますが、大方のクラシックを弾くピアニストは、身体からスウィングするJAZZの楽しいノリ・フィーリングは不得手なような感じです。
間違っていたら、ご容赦ください!

分かると思います。
JAZZとクラシックとは、音楽におけるアプローチや考え方が違うと思うのです。...

質問した人からのコメント

2020/2/11 12:05:57

回答ありがとうございます!
勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ibp********さん

2020/2/1010:15:12

アートテイタムやバドパウエル、エヴァンスetcを評価する人はいても、アールハインズやテディウィルソン、レッドガーランド、モンクetcを好む人は比較的少なそうな気がします。

marさん

2020/2/820:32:41

白は黒を理解できるかも。
必要ないが。
ジャズに関わる演奏家で一流はいないのでは?
グルダにプレヴィン…
バーンシュテインは元々クラシックではないし。
知性との関連だと思います。
クラシックの演奏には知性が必要。
少なくともJAZZには要らない。

音楽は平等なんてのは幻想。
クラシックは普遍性が極めて高いから優位。
あ、それを勘違いしてクラシックもできるなんてミュージシャンもいる。
無理を露呈しただけ。
https://m.youtube.com/watch?v=OtoSGzJFQA0&list=PLGHi1F2Acw095JUx-ba...
結局、クラシックでは誰も相手にしなかった。

さらに、論破され追い詰められて、JAZZはバッハを越えたなんて叫ぶのもいた。
可哀想に。
シュトックハウゼン先生が聞いたら怒るよ。

知り合いが厚生省のコロナ相談室に電話したら長い事待たされたらしい。
当たり前だ。
その保留音が「My Way」!
しかもJAZZ版とさっき言ってた。
ヤル気が…
チャンコ〇なウィルスにJAZZ。
隔離は必要。
どちらも世界から早く消えて欲しいです(*_*)

gun********さん

2020/2/611:41:49

ジャズがわかるってどういうことですかね?

一流のジャズプレイヤーと普通のジャズプレイヤーの演奏の違いがわかるということを指すなら、それは「人による」としか言えません。
私生活でジャズを聴きまくっているクラシック演奏家であれば、ジャズ演奏の良し悪しの判断はつくでしょう。あるいは、ソロのフレーズや演奏のクセでどのプレイヤーか判別できるのもそう難しくないはずです。
逆に、普段全くジャズを聴かないクラシック演奏家は、いざ聞かされても違いはおろか、曲の展開すらわからないかもしれません。

クラシックができるならジャズもできるという意味なら、短絡的だと言わざるを得ません。ジャズはクラシックとは勝手が違いすぎるので、いつもクラシックにどっぷり浸かっている人間がたやすく弾けるわけがない。
もちろん、クラシックメインでジャズでも活躍しているプレイヤーはいますが、限りなく少数派でしょう。逆は割と聞くんですけどね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

渋谷凛さん

2020/2/606:27:10

高名なクラシックのピアニストや指揮者でも一流のジャズは分かるものだと思いますよ。

高名なクラシックのピアニストや指揮者でも一流のジャズは分かるものだと思いますよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

そもそも、音楽を”分かる”という意味が曖昧です。

ジャズを聴いて感動するなら、我々でも出来ます。

少なくとも、共演出来るということは、それなりに分かっているということでしょう。

ベルリン・フィル/ヴァルトビューネ・コンサート2003
~ガーシュイン・ナイト~
マーカス・ロバーツ・トリオ
マーカス・ロバーツ(ピアノ)
ローランド・ゲリン(ベース)
ジェイソン・マルサリス(ドラムス)
小澤征爾指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(2003年、ベルリン、ヴァルトビューネで収録)
https://youtu.be/i0ZLl3SkRw8

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる