ここから本文です

イチローが学生野球資格を取得したとの報道がありました。プロ選手等が大学生等の...

ugk********さん

2020/2/815:47:00

イチローが学生野球資格を取得したとの報道がありました。プロ選手等が大学生等の野球指導をするのになぜこのような資格が必要なのでしょうか。

教育者としての資質を求めているのなら教員免許を条件にしたら良いのではないでしょうか。他スポーツも同様でしょうか。ちなみに、大学相撲部では大相撲部屋に出かけることもあるようですが、アマプロの関係はどうなっているのでしょうか。

閲覧数:
22
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

bbb********さん

2020/2/1415:11:45

みんなそう思ってます。

野球だけでしょう、プロアマ規定うるさいの。
日本の野球界はそれぞれの団体が独立してるから全体のこと考えられず変わらないんです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

w_m********さん

2020/2/1012:13:40

まず日本の野球はアマチュアから始まった歴史があり、ラグビー では無いがプロ野球は職業野球と言われ、野球で金を稼ぐ事は嫌われていた。

又、日本のプロ野球は企業の宣伝媒体の側面が強くプロアマ別々に発展していった経緯がある。アマチュアサイドも高野連や各大学連盟や中学のボーイズやシニアリーグなどバラバラな状態。

本来なら一つに統一した方が良いのは皆理解しているが、もし統一されたなら野球の知識・技術共に優れているプロ側の人間がアマチュア側の居場所を奪うのは明白。特に高野連はプライドが高い組織なんでそれは許せない。

その様なプライド的問題と金を稼ぐ商業主義は汚いと言う価値観がありプロと断絶していました。

現在講習会があるのはある意味儀式的な意味合いが強く、プロ側がアマ側に"一旦頭を下げる"セレモニーみたいな感じです。

luv********さん

2020/2/1011:12:06

シンプルに言えば、野球は裏金が動く世界だからでしょうね。

ina********さん

2020/2/910:12:06

日本は異常ですね。
アメリカの高校野球は元プロの監督・コーチが1チームに何人もいるし、ヨーロッパの青少年サッカーの指導者も元プロばかりです。
欧米では選手を引退すると青少年の指導者で食っていけるのですが、日本はスポーツ指導でお金を取るのは「悪」なんでしょう。
だから日本では選手を引退すると生活に困る人が多いんです。
ちなみに、アメリカの高校スポーツは入場収入や放送収入がコーチへの報酬を含めた活動費になっています。

nan********さん

2020/2/820:04:45

①かつてはプロ野球とアマチュア野球の対立により、プロ野球経験者は学生野球の指導が禁止されていたという状態にありました。

1980年代になると高校教諭として10年以上の在職経験があると学生野球指導資格を回復するという「教諭特例」が設けられています。この特例は1994年に5年在職、1997年に2年在職と短縮されていきました。

2013年には教員資格を持たない元プロでも研修会を受講すれば学生野球資格の回復が認められるようになり、2019年末からは元プロ以外に現役選手や球団職員も受講可能となっています。

②かつては花相撲や巡業でアマチュア選手と大相撲の幕下力士などの取組が組まれたことが日本相撲連盟のアマチュア規定違反としてアマチュア選手が花相撲に参加できない時期もありましたが、この規定は1995年に廃止されており、現在はプロアマの交流は巡業への参加などを除けば自由となっています。大相撲の力士がアマチュア復帰することも認められていますが、現役時代の最高位が幕内未満であることが条件です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nan********さん

2020/2/819:29:37

選手がアマチュアチームからプロチームに所属が変わるのではなく

アマチュアの資格を失い(除名に近い)、プロの資格を得るからです

なので、アマチュアの資格を回復するために
プロ側の研修である「NPBプロ研修会」と
アマチュア側の研修である「学生野球研修会」
の2つの研修会を受け、日本学生野球協会からの承認を得ることができれば、
学生野球の指導者となれるとのことです

教員を条件とする場合イチローであれば教員免許試験を受験・合格してからさらに最低2年の教員職としての実績が必要となります

今彼にそれを科すのはある意味野球界として失礼なことであるのでしょう
なので、今回は研修会の手段をとったのかと思います

日本のスポーツではプロとアマチュアを一括して管理している競技と別々に管理している競技があります

前者の代表例がサッカーであり、多くのスポーツはこの形をとります
後者の代表例が野球、相撲、ボクシング、公営ギャンブルとなります
アメリカが最初にプロ化した競技がそうなりやすいです

前者の例であるサッカーでは指導者ライセンスによって指導できるチームのレベルや年代が異なります
最高ランクはS級で、Jリーグチームや海外のトップクラブ、海外を含む国代表の監督・コーチを務めることができます
また現在はサッカー協会にチームを登録する場合にはチームに即した指導者ライセンスを持った指導者を登録しなくてはいけません
それをしないと公式の試合や大会に参加できないようになっています

野球はプロ側にもアマ側にも指導者としては何も資格制度はありません
ただアマチュアであるかプロであるかだけの区別をしているのが現状です

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる