ここから本文です

宇宙以外の世界ってありますか?

アバター

ID非公開さん

2020/2/1300:21:05

宇宙以外の世界ってありますか?

閲覧数:
43
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mom********さん

2020/2/1321:23:50

「宇宙」の意味によって違いますね。

日本語の「宇宙」は2つの意味で用いられます。
①すべての空間(universe)
②地球以外の場所(outer space)

②の意味の宇宙なら、「宇宙以外の世界」は、地球上のことです。

①の意味の宇宙なら、「宇宙以外の世界」はありえないとも考えられますが、
一方、「空間」や「場所」を考慮しない世界がそれだ、といった理屈も可能でしょう。
「政治の世界」とか「ビジネスの世界」とか「フィクションの世界」とか・・・

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2020/2/1308:35:26

仮に宇宙が膨張し続けていても、そこにあるためにはあるための空間が必要だから、宇宙以外はある…

chi********さん

2020/2/1301:14:23

空想

妄想

ゲーム世界

やのさん

2020/2/1301:01:42

私は、地球は「小説のようなもの」だと思っています。

そうすると例えば、惑星だったり衛星だったりも、「漫画」や「雑誌」だとする訳です。そしたらそれ等の本が並んでいる「本棚」は銀河で、本棚が沢山並んでいる「図書館」が宇宙です。

「図書館」のその外には当然「街」があって、街には当然、「図書館」以外の建物がありますよね。

それと同じように、宇宙の外の世界も、宇宙以外の世界も当然のように存在していると思います。

───
ちなみに、
「街」の外には「国」があって、
その外には「地球」があって、
「銀河」があって、
「宇宙」があって。
実はその「宇宙」もどこかの小さな『図書館』だったりして。

私達が生きてる宇宙って、一体どこにあるんでしょうか

プロフィール画像

カテゴリマスター

ベックさん

2020/2/1300:51:59

光が届く範囲の空間を我々は宇宙と呼んでいるが その先は観測する術がない

宇宙はビッグバン以降膨張を続けているが宇宙の外が完全な無であれば膨張もできない

現在、かつて宇宙の外だった座標に我々は存在している

だから宇宙の外の世界はある

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqq********さん

2020/2/1300:43:55

宇宙以外とも言えないのですが、ここで見えて生活している以外ではあります。
霊的な世界です。
臨死体験でです。
ある人が臨死体験でベットの上から自分を見下ろしていたのですけれど,家族が死んだと思って自分に対して泣いているのを上から見ていたのです。
これはテレビで言っていた事なのですが,それでフト廊下に出たら母親が電話で誰かに亡くなった事を連絡してました。
フト思っただけで廊下に出たので,それでその人が子供の頃不思議に思った場所にも行けるのかと思ったのです。

そうすると山間の場所に来ていて,そうすると向こうから誰か子供が遣って来ました。
それを見ていて上を見たら,何と大きな岩のような物が転げて来たので,ビックリして「危ない」と叫んだそうです。
すると下を歩いていた子がビックリして,気が付いて避けたのです。

それで始めて過去に不思議に思っていた事が分かったという事でした。
即ち子供の頃山間を歩いていたら,突然「危ない」という声が聞こえて,上を見たら岩のような物が転がって来たので,ビックリして避けたという事だったのです。
この声がどうして聞こえたが謎だった訳です。
このようにして結局自分の魂が自分を見ている世界でもあります。

そしてその人は自分の未来はどうなっているのかと思ったら、その時は独身だったのですが、そこに見えていたのは未来の奥さんです。
そして子供も二人居て、自分は望遠鏡を見ていたそうです。
その時は自衛隊員だったそうです。

ところで結果はその通りになったそうです。
奥さん達もその時に見た人だったそうです。
そしてアマチャの天体観測をするようになったそうです。

そして神の世界では、既に未来の様子も見通してある事を地上に残しています。
インドのある村に昔から残されていて,沢山の短冊に人の運命が書かれているそうで,そこに尋ねて行った人の家族の名前や生年月日まで一致してあったそうです。
さてそれには死ぬ年月日まで書かれていて,しかしそれはその人の運命を変えようとする努力で変える事が出来るという事です。
これは随分前にテレビでのドキュメントでしていて,決して遣らせではないと言ってました。

さて通常人では到底知る事も出来ないのですが,世の中には霊界も見えるという人が居るのです。
その一人が隈本確氏で、大霊界という本を書いてます。

この本には,具体的に神の存在,人間の魂,心,体との関係を通して書いてあります。
そして人間が死ぬと,本当の生命の初まる霊界に行くそうです。
今の世界は卵の中のような物で,霊界こそ本当の世界という訳です。

そして生まれ変わりはないという事で,隈本確氏はあらゆる霊界を見ることも行く事も出来ると仰っていて,そうして生まれ変わる状況は一度も見た事がないと言っています。
人間の真実の生命は霊界にこそあって,今生きている時は肉体として生きていますが,誕生した時に魂の誕生でもあって,そして肉体の中で心を通して魂が成長して,それから本来生き続ける霊界に行くそうです。

それで霊界での生活は数千万年から,億年の生命活動があると言っています。
数千万年とか億年に生きている魂は宇宙人のだそうです。
人では未だ精々100万年が限度です。
今生きている時が試しの世界で,ここで育まれた心の使い方で霊界での住処が決まり,厳然と天国も地獄も存在していると言っています。
あくまでも信じる世界になってしまいますが,見える人には現実に分かるだけと言う事にもなって,凡人は信じるより仕方がありません。

さてDNAは生殖細胞の中で永遠と思える生命の中にいます。
この本元は神の中だと思えます。
この神が何処にいたか、それは宇宙が出来ている根本にあったのです。

科学では素粒子という世界があったとされて、それで加速器で原子核同士等を衝突させてます。
このような素粒子の初めがあったかは、私はこれがなかったと見てます。
本来は自然では、原子核や電子の原子で構成されているのが基本という見方です。
ところが加速器が発達して巨大化して、原子核同士等で衝突させる事で、これを素粒子に分解させました。
それで元が素粒子で宇宙は成り立っている感じです。
素粒子は現在16種類で、そしてヒッグス粒子とかも関係されているとされてます。

ところで宇宙の初めにこの素粒子などがバラバラにあるなかで,全ての原子核にこれら16種類+1だけ上手に入り込む事が可能かという事です。

これは丁度もし空一杯に16種類+1の鳥が何万羽も飛んでいて,そしてそこに巣が何百もあったとした場合に,その巣の一つずつの中にキッチリと16種類+1が外の鳥の種類が重ならなく入ると同じような物です。
このように考えても自然の状態で、素粒子がバラバラに存在していた事はなかったと推定出来ます。

これだけ多数という素粒子で組み合わされる原子核なら、原子核の種類はそれに合って色々な種類があってもいいのに,精々陽子とか中性子のグループくらいな基本です。
これは宇宙の自然界で、決してこれ以上に壊れて原子核も存在した事がない意味になるのです。

即ち現在科学が加速器で宇宙初期を見出そうとする事は、却って宇宙を誤解して見る事になるのではないかと私は考えています。

私は原子核などは最初からバラバラであった時がなかった思いです。
即ち原子核が最低限度の物質の存在そのものであって,これが壊れないように存在していた宇宙です。

即ち私は宇宙全ての物質が広がりと集まりを繰り返していたという事で,これでは集まる毎に物質の力が増して,そして全ての物質ではトンでもない反発力になって,全てを遠くまで広げさせた原因になったのです。

陽子等を加速器で衝突させて,宇宙初期の宇宙を再現出来るとして実験を繰り返しています。
それは素粒子は,陽子同士を衝突させる等して出現させています。
素粒子は陽子などを組み合わせているものですが,素粒子で元の陽子などを組み立てられる筈です。
しかしそれがされたという事は聞いた事はありません。
即ち自然に存在している陽子等を人工的に衝撃で壊しても,元の物も再生出来なければ,それは自然な物とは言えません。
人工的に創造された物と言えるだけです。

今瞬間に崩した物をすぐまた今にさえ作り直せない物で,138億年も前に起こった物を再現させようとするのはナンセンスな状況の再現です。
宇宙の存在する理由が,より以上にSFの世界を再現し続けるだけとしか見えません。

こういう事で私は物質全て広がりと集まりをして来た宇宙を考えて来ました。
それで回答しているので載せてみます。
その後で神に付いて語らせて下さい。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q122062342...

さて私は神が既に、原子核の存在自体にあると考えています。
今の科学で加速器で原子核などを衝突させて、宇宙初期を再現出来るとしてますが、私はこれは行き過ぎた行為と考えてます。
これは原子核のようなものは、元から壊れないで存在して物質の圧縮にも耐えた考えで、これが元で宇宙の全ての物質が集まっても、圧力を反撃に変えて全てを跳ね除ける事が出来たのです。

私は必然の宇宙を考えています。
これは人間という意思を持った生命が現れる事が既に必然であったという事です。
既に宇宙には意志が存在していて、これは原子の段階で壊れないで支えていたからだと考えています。
今の科学では加速器で原子核等衝突させて、素粒子にまで分裂させたとして、より最初の宇宙の誕生探しをしてますが、私は行き過ぎた探求と思います。
自然では原子核等壊れて存在してなかった、即ち陽子とか中性子で支えていたから、全ての物質が繰り返される元になっていたという事です。
集まる毎に重力崩壊して、ブラックホールが出来るような存在はなかったのです。

宇宙を支えていた基本が既に原子核にあったのですが、これは神が支えていたと考えられる意志の原点になります。
既に原子核が存在している時点で、これが基本で潰れないで宇宙の物質を支えて来たという原則です。
宇宙が空間毎現れたという思想は全くありません。
それを今の科学では宇宙の空間が突然現れたとして話が弾んでますが、先ずこれがなかった事で、幾ら加速器の実験で原子核等を衝突させて、宇宙の初めに辿り着けるとしていますが、これは返って宇宙を見る眼を混乱にさせています。

加速器の実験は単に物質を細かく極める迄追及しているだけで、宇宙の初期とは関係ない事だと思います。
ハッキリ分離すべきです。
ただ分かった事は、原子核が全て同じで出来ているという事が分かった事です。
これだけでも収穫があります。
これが同じである事であらゆる事が同じ連鎖で繋がってます。
タンパク質、アミノ酸、無数に存在して上げる事も不可能なほど複雑な連鎖に繋がり、そして生命で人間が同じく創られて繁栄を極めています。
究極的連鎖はDNAによっても証明されてます。
これは原子核が同じであったからナセル事で、私はここに神を見出しています。

さて宇宙は全般に渡って神秘と思われるところが多いのですが、それがブラックホールとかダークマター、ダークエネルギーだったりする訳です。
宇宙の初め出しでさえ、突然空間が現れたとさえ言われているので、これは全く常識の世界ではありません。

私の独自の宇宙の思考ですが、全く常識の身近な周りの物理現象の延長で考えられる宇宙です。
これでは謎の部分が薄れるのですが、しかし根本で神が支えていると考えています。
今の科学では上のような謎の部分が多いのですが、これに対して神などの発想はありません。

神を置かない代わりに原子核など衝突させて、素粒子にまで分解させると謎の解明に繋がると考えています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる